iPhoneの調子が悪いときはどうするの?

最新の機器でも、まれに調子が悪くなることがあります。

電源を入れ直すことで、問題が解消されれば、それが一番です。

しかし、それでも解消しない場合、パソコンであれば最終手段として、OSの再インストール(リカバリともいいます。)をおこなう必要が発生します。

iPhoneも、最終手段としてこの初期化をおこなう方法が用意されています。

 

問題は、iPhoneを初期化してしまうと、中に入っていた情報はどうなるのかです。

当然、初期化という以上は工場出荷時の状態に戻ってしまいますので、中は空っぽの状態になります。

このままでは、iPhoneの調子が良くなっても、別の問題が発生してしまいます。

 

そこで、登場するのがiPhoneの「復元」機能です。この方法をマスターしておけば、iPhoneの不具合も怖くありません。

しかし、このiPhoneの初期化と、復元をおこなってもiPhoneの調子が戻らないときは、購入したお店に対応をお願いする必要があります。

 

iPhoneの不調

iPhoneは突然調子が悪くなることがあります。

例えば、急に動作が重くなってしまったり、全く操作を受け付けなくなったりするなどです。

この場合は、ひとまず電源を完全にオフにして再度電源を入れてみて下さい。

それでも、まったく状況がかわらないときは、調子が悪くなる直前に入れたアプリを削除するなどの対応で様子をみて下さい。

状況が変わらないときは、一度iPhoneの初期化と、復元を試してみることを、おすすめします。

 

パソコンにインストールしてあるiTunes(アイチューンズ)を利用する場合は、iPhoneと、パソコンをUSBケーブルで接続して、サイドバーに現れたiPhoneをクリックするとでてくるメニューのなかから「概要」を選択すると「iPhoneを復元」というボタンが表示されますので、それをクリックすると、iPhoneの初期化と、復元がおこなわれます。

事前に、iPhoneの中にあるデータや、設定情報のバックアップをとっておく必要があります。

バックアップ先が「iCloud」になっているときは「このコンピュータ」へ変更してから、右下の「同期」ボタンをおすと、バックアップがはじまります。

 

iPhone単体で、初期化と、復元をおこなう場合は、ホーム画面から「設定」→「一般」→「リセット」を選択します。

いくつかある選択項目の中から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択すると、iPhoneが初期化されます。

その後で、iTunesのインストールしてあるパソコンとUSBケーブルで接続することで、バックアップから復元をおこないます。

バックアップをiCloud(アイクラウド)へ保存している場合は、iPhoneの初期設定をおこなうさいに「iCloudバックアップから復元」を選択して下さい(パソコンがあれば、パソコン内にバックアップをつくってから復元する方法もあります。)。

 

iPhoneの復元

iPhoneの復元については、パソコンからおこなう方法と、iCloudからおこなう方法があることは説明済みです。

この二つの方法には、多少の違いがあります。パソコンにバックアップできる情報は、対象となるiPhoneの中に入っている全ての情報となります。

しかし、iCloudには、そもそも無料で利用する場合には5GBの容量制限がありますし、バックアップの対象もiPhoneの中にある全てのデータではありません。

 

iCloudは、インターネットを経由して、Apple社が提供しているサーバへ情報を保存する方法です。

その対象となるのは、音楽などをAppleStore(アップルストア)で購入したときの履歴、iPhoneで撮影した写真、動画、送受信したメッセージなどと、各種の設定内容(ホーム画面とAppの配置など)となります。音楽データそのものを保存するわけではありません。

パソコンの中のiTunesを利用して音楽データを管理している人は、iCloudではなくて、パソコンに入っているiTunesを利用してパソコンの中にバックアップをとる必要があります。

 

iPhoneは健康でも備えが必要

どんなにiPhoneの調子が良くても、そのバックアップをとっておくことをおすすめします。

バックアップがないと、初期化したiPhoneを最初から設定し直す必要があります。

将来にそなえて、iTunes、またはiCloudでのバックアップが有効であることを確認しておけば、万が一iPhoneの調子が悪くなっても、すぐに復元することができます。