iPhoneを落とした時の対処法 iCloudによる探し方やデータ消去法

どんなに慎重な人でも、一生のうちに一度くらいは、落し物をすることがあると思います。

それがたいしたものでなければ、笑い話でおわるところですが、iPhone(アイフォン)を紛失したとなるとさすがに笑えない状況となります。

特に、仕事と趣味の両面でiPhoneと長時間接している人にとっては、その中に自身の生活がつまっているわけですから、大変な事態となります。

そのような場合に、iPhoneの現在地がすぐにわかるような方法があれば、どんなに助かるでしょう。

 

ついでに、iPhoneの中の情報を遠隔で消去する方法もあればいうことはありません。

iPhone自体の紛失も痛いですが、その中に入っている情報もおなじくらい大事なものであるのが通常です。

この記事では、そのような緊急事態に役立つ方法を紹介しています。

iPhoneにかぎらず、iPod(アイポッド)、iPod touch(アイポッド・タッチ)、iPad(アイパッド)などでも利用できる方法です(iPodとiPod touchについては、 Wi-Fi接続に対応しているタイプである必要があります)。

 

iPhoneは迷子になるのか?

現在利用しているiPhoneの「iPhoneを探す」機能を有効にすることにより、そのiPhoneは、携帯電話の電波信号が届く場所であれば、迷子にはなりません(電源がオフの場合をのぞきます。)。

すでに携帯電話の契約を解約している場合でも、そのiPhoneがWi-Fiの信号に接続することにより、インターネットが利用できる環境になれば、やはり所在地がわかります(拾った人が無断で利用しているような場合です。)。

では、なにをみると所在地がわかるかですが、紛失したiPhoneと同じApple ID(アップル・アイディー)で、iCloud(アイクラウド)にログインしたiPhoneなどのiOSデバイスや、パソコンから、現在地を確認することが可能となります。

 

iPhoneで、この機能を有効にするには、「設定」アイコンから「iCloud」を選択して、無料で取得できるAppleIDを入力する必要があります。

すると、iCloudのいくつかある機能のなかに「iPhoneを探す」という機能があることに気がつくと思います。

この機能を有効にするだけで設定完了です。

 

紛失したiPhone以外のiPhoneに「iPhoneを探す」という名称のアプリを入れるだけで、おなじApple IDでログインしている全ての機器の場所が地図上に表示されます。

Wi-Fi環境に接続されたMacintoshシリーズのパソコンや、iPad、iPod、iPod touchなども表示されます。

その他、現在利用しているiPhoneに機種変更するまえに使用していた古いタイプのiPhoneでも、Wi-Fi環境に接続すれば、紛失したiPhoneの場所を表示することができます(その古いタイプのiPhoneの所在地もわかります。)。

 

iPhoneはどこにいる?

パソコンから紛失したiPhoneの場所を探すには、単にインターネット上のウェブページ(https://www.icloud.com/#find)を表示するだけで可能となります。

ここで、なくしたiPhoneとおなじApple IDでログインすることでiPhoneの所在地が判明します。

iPhoneを見つけることができれば、そのiPhoneをパスワード・ロックして、その画面に連絡先の電話番号や、簡単なメッセージを表示することができます。

 

また、遠隔でiPhoneから音をだすことにより発見しやすくする機能と、iPhoneの中にあるデータを全て消去することができる機能も備わっています。

完全にデータを消去すると、所有者のデータもなくなりますので、位置の検出と、追跡ができなくなります。これはあくまで最終手段となります。

 

他のパソコンや、iPhoneなどの機器がない場合は、Apple IDの「ファミリー共有機能」を利用することにより、他のApple IDでログインしている家族のiPhoneなどから紛失したiPhoneの場所を確認することが可能です。

もともと、このファミリー共有機能は、家族の一人が購入したコンテンツを、他の家族も自分のデバイスで楽しむことができるようにした機能です。

一つのコンテンツを、合計10台(コンピュータはそのうち5台までです。)のデバイスで利用することができます。

家族の一人が使用しているiPhoneに「iPhoneを探す」アプリを入れることで、他の家族の使用しているiPhoneの場所が確認できます。

 

iPhoneは自宅にもどれるか?

今回紹介した「iPhoneを探す」機能は、紛失する前の段階で「iPhoneを探す」機能が有効で、位置情報サービスが有効である必要があります。

この記事を読んで興味をもった人は、一度この機能の動作を確認することをおすすめします。

予行演習をしておかないと、せっかく搭載されている機能を有効に利用することができません。

実際にiPhoneを紛失するような事態が発生した場合に、利用方法がわからないと意味がありません。