SMS・MMSの違いがよくわからない

「MMS(エム・エム・エス)」という用語は、メール関連の話題になるとよく使われている用語ですが、ここまで極端に短縮しているとそれがなにを表しているのかが分かりません。

「M」=「Message」であることは、なんとか思いつきますが、それ以外の単語は、いったい何を表しているのでしょうか?

この記事では、携帯電話や、スマートフォンを契約すると取得できる、MMSについて、その用語の意味と利用方法を解説しています。

 

メールアドレスさえ正確に入力すれば、送信相手の契約している通信会社が、自分のものとは異なっていてもメッセージを届けることができるのが現在の携帯電話の電子メールです。

なお、通信会社ごとに提供しているメールアドレスのドメインを確認するだけで、メールを送信した人が、どこの通信会社を利用しているかまで、すぐに分かってしまうものが現在の電子メールですね。

 

MMSとはなにもの?

「MMS」とは、Multimedia Messaging Service(マルチメディアメッセージングサービス)の略称です。

MMSは携帯電話のために標準化されたメッセージサービスです。

 

元々は、携帯電話のメールサービスとしては、SMS(ショートメッセージサービス)などのように、相手の電話番号を送り先として送信をおこない、大容量のファイルなどを送ることを想定していませんでした。

ところが、カメラのついた携帯電話の登場により、写真のように当時としては大容量のファイルを送る仕組みが必要になってきました。

そこで誕生したのがMMSというメッセージサービスであり、大容量のデータ送信を可能としました。

 

写真を送る以外にも、色々なことができるようになった現在のMMSですが、最も大事な機能は、パソコンや他社の携帯電話にたいしても、メールを送信することができるようになったことです。

この進歩により、現在では自宅のパソコンを利用してメールを送信する必要がなくなりました。

これがビジネスに与えた影響は、かなりの大きさになります。

 

移動中の電車の座席に座ったままで、パソコンから送信された重要なメッセージをうけとり、次の駅で降りるときまでには、すでに自分の判断を相手に送信しています。

そして、駅の改札からでるタイミングで、その判断に対する結果を受けとる、というようなことも可能となりました。

現在のスマートフォンでは、さらに進んでパソコン用に取得したはずのメールアドレスを、スマートフォンからのメール送信に利用することが簡単にできてしまう段階まで到達しています。

 

MMSは手軽なメッセンジャー

実は、日本ではすべての携帯電話で、MMSが利用できるわけではありません。

たとえば、携帯キャリアのSoftBankでは「S!メール(エス!メール)」でMMSを採用しています。

そのため、ファイル添付や、長文のメールが可能な高機能メールでありながら、同じキャリア同士、または海外の電気通信事業の提供しているMMS対応携帯電話同士であれば、電話番号のみでのメッセージ送受信が可能です。

 

NTTdocomoでは、MMSを採用していません。

かわりに、独自規格であるプッシュ型Eメールサービスの「iモードメール」を採用しています。

auでは、やはり独自規格の「EZwebメール」を採用していますが、iPhone4Sの提供に合わせて、2012年4月からMMSサービスを開始しています。

 

現在では、メールアドレスを利用する方式での電子メールの送受信は、使用しているメッセージサービスの仕様に関係なく可能であるため特に問題はありません。

しかし、全く同じ基準でメールサービスを運営するほうが、こまかな仕様のちがいによる不具合を防ぐことができるため、好ましいです。

他社の携帯とのやり取りで発生する文字化けや、絵文字が表示できない現象などがその典型例です

 

絵文字については、2006年から、各携帯キャリアにおいて「絵文字の変換サービス」を開始しましたが、予想外の絵文字に変換されることで、送信者の意思が伝達できないこともありました。

その後、NTTドコモで利用されている絵文字をベースとしたデザインに統一することが、国内携帯電話・PHS事業社の連名で発表されました。

2014年5月から各社で互換性をもたせる作業がはじまっています。

 

MMSはこれからも活躍します

現在のもっとも基本的なメッセージ伝達方法の一つが、電子メールの送受信です。

しかし、異なる携帯キャリア間でのメールのやり取りが実現したのは、比較的最近の出来事です。

最初から自由にメールのやり取りができたパソコンによる電子メール利用の歴史から考えると、意外な気がします。

それほど、携帯電話や、スマートフォンから送受信するメールのやり取りにより、意思の疎通をはかる手段が急速に浸透してきた、ということなのかもしれません。