WPS・AOSSとは?

Wi-Fi(ワイファイ)環境でインターネットなどを利用する際は、セキュリティ対策を考えできるだけ複雑なパスワードを設定することが望ましいです。

しかし、自宅に遊びにきた友人が簡単にWi-Fi環境を利用できるようにするには、できるだけ単純なパスワードを設定するほうが便利なのもまた事実です。

このような場合に、セキュリティ対策として必要とされるレベルを満たしながらも、簡単にWi-Fi環境へ接続できる方法があれば非常に便利です。

 

しかし、そのような矛盾した内容の希望をかなえることが可能なのでしょうか?

この記事では、セキュリティのレベルを変更せずにWi-Fi環境を簡単に利用できる方法を紹介しています。

 

WPS・AOSSは便利で頼もしい仕組み

「WPS」や「AOSS」などの表示が、利用している無線ルータ等の無線親機についていることを知っている人は多いと思います。

しかし、その意味までをも知っている人は少ないかもしれません。

 

WPS・AOSSは、セキュリティのレベルを下げることなく、簡単にWi-Fi環境を利用することができる機能なのです

無線親機のボタンを少し長めに押すだけでWi-Fi環境への接続設定をすることができるため、友人のパソコンなどの通信端末の側で複雑なパスワードを入力する必要がありません。

通常であれば、Wi-Fiに対応した通信端末(パソコン、スマートフォン、ゲーム機等)を、セキュリティ対策のされたWi-Fi環境にはじめて接続する際には一定の手順をふむ必要があります。

 

まずは、その無線親機から発信されているWi-Fiの電波信号を特定するために設定された信号表示である「SSID」に基づいて、該当するWi-Fi信号を探します。

次に、発見した電波信号に接続するまえに、その通信端末の画面で入力する必要がある「パスワード(暗号キー、KEY)」を入力する必要があります。

このうち、パスワードについては誰でも予想することができるような単純なものでは、パスワードとしてはあまり意味がありません。

 

WPS・AOSSはだれでも利用できます

「WPS」は、Wi-Fiに対応した製品の認証をおこなう業界団体である「Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)」が策定した規格です。

具体的には、

パソコンなど通信端末のWPS機能を起動してから、無線親機のついている「WPS」と表示のある小さなボタンを少し長めに押すことにより、本体についているボタン(通常はパワーランプですが、機種によります。)が点滅を繰り返すようになります。

 

このときに、無線親機のWPS機能が「ピンコード方式」であれば、通信端末の画面に、そのコードを入力することを促す表示がでますので、無線親機に貼ってあるシールに記載されたコードを入力します(このコードは、Wi-Fiのパスワードとはちがいます。)。

 

あとは、そのまま待てば、接続完了です。

 

通信端末のタイプによって、WPS機能の起動方法は異なります。

 

たとえば、パソコンのOSがWindows7であれば、無線親機から発信されているWi-Fi信号へ接続する際に、パスワードを入力する画面の下側に「ルーターのボタンを押すことによっても接続できます。」との表示がでています。

 

AOSSの開発元はバッファロー社

「AOSS」は、日本の通信機器メーカーであるバッファロー社が開発した、Wi-Fi環境への容易な接続を可能とするシステムです。

WPSと同様に、複雑なパスワードの入力をする手間を省くことができる機能を無線親機に与えます。

この機能は、バッファロー社提供している製品に搭載されています。

 

通信端末の側にもAOSSに対応した設定ソフトが必要になりますので、バッファロー社が無料で提供している「クライアント・マネージャー」をインターネット上や、無線親機に付属のCDからインストールします。インストールしたソフトを起動して、AOSS接続ボタンをクリックして接続動作をスタートします。

次に、無線親機のAOSSボタンを少し長めに押すことにより、AOSSボタンが点滅をはじめますので、後はそのまま待っていればパスワードの入力などの細かい作業が自動でおこなわれます。

 

WPS・AOSSは今後も身近な存在

AOSSについては、さらに進化した機能をもっている「AOSS2」が搭載された無線親機が提供されています。

このAOSS2の機能があれば、パソコン等の通信端末の中にAOSS用の設定ソフトを入れておく必要がありません。

 

必要な設定ソフトは、無線親機から提供されます。

また、インターネットの接続設定も、AOSS2で無線親機に接続したあとで、自動的に表示される手順どおりにおこなうことで簡単に進めることが可能です。