ルータとは?どんな働きをしているの?

インターネットなどを利用している場所では、非常によく見かける通信機器の代表が「ルータ(または、ルーター)」です。

Wi-Fi(ワイファイ)環境を利用している場合は、このルータ機能が内蔵された無線親機を利用しているか、その機能がすでに内蔵された通信機器を、契約した通信会社が設置しているはずです。

Wi-Fi環境によるデータ通信のさらなる高速化のために、通信会社の設置した機器のうしろに、自前で調達した無線親機を設置している人もいるかもしれません。

 

しかし、このルータの役割とは、一体なんなのでしょうか?

データ通信にとって、大事な部分を受け持っていることは、間違いありませんが、それが実際にどのような内容であるかを、わかりやすく解説することを目的としてこの記事を書きました。

この記事の内容を理解していれば、ある日、突然インターネットへの接続ができなくなったときに、解決の手助けになるかもしれません。

 

また、新しく通信機器を購入するさいには、どのような機能を持っている機器が必要なのかを判断することが、容易にできるようになるかもしれません。

たとえば、すでに設置ずみの通信機器にルータ機能が内蔵されていれば、さらにルータを購入しなくても、Wi-Fi機能のみをもつWi-Fiアクセスポイントを用意すれば、それで複数の機器をWi-Fi環境へ接続できます。

 

ルータの存在

「ルータ」と一言でいっても、自宅などにあるパソコン等の通信端末から、インターネットを経由して、目的情報を取得するまでの間には必ず複数のルータが存在しています。

自宅などにルータを設置せずに、インターネットを利用している場合でも同様です。

網の目のように地球上のあらゆる場所に敷設された多数の有線ケーブル同士交差する部分に、設置してあるルータ(コア・ルータ)が、データ通信のために送信したパケットの行き先を決定して、送り出すことにより、インターネットは存在しています。

 

インターネットの基幹ネットワークを支えるコア・ルータ以外にも、基幹ネットワークの一番端に接続されているエッジ・ルータ、そして各家庭などの利用者のもっとも近くに設置されている、ブロードバンドルータなどのたくさんのルータが、インターネットや、企業などの内部で利用されるLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)のために存在しています。

それぞれのルータが、その任務をまっとうすることにより、初めてデータ通信が可能となります。一つとして、無駄な存在がないのがネットワークの世界です。

 

ルータの仕事

ルータの対応している仕事のなかで、その名称のもとになっているのが「ルーティング(経路制御)」です。無数にあるデータの通信経路から、もっとも適当な経路を選んで、その経路へデータ通信のために送られてきたパケットを送信することです。

各ルータは「ルーティング・テーブル」と呼ばれる、インターネット上の地図をもっています。

この地図には、行き先ごとにもっともふさわしい経路が記録されています。

この地図の更新とその地図に基づいて、やってきたパケットに対してもっとも無駄のないコースを案内するのがその主要な仕事といえます。

 

常に、ルータは、ルーティグ・テーブルを最新の情報に更新する必要があります。

また、なんらかの通信障害により、現在利用している経路が遮断されたときは、かわりの経路をさがす必要もあります。

この最適な経路をさがす方法としては、目的とする情報をもっているサーバまでのルータの数が少ない経路を有線する方法や、各ルータが自分が接続している他のルータにかんする情報を交互に交換することにより、最適な経路をさがす方法などがあります。

 

ルータのこれから

かなり複雑な大量の仕事を、一瞬でこなしてしまうルータですが、こんごもますます増加するデータ通信をささえる縁の下の力持ちとしての役割を、忠実にこなしていくものと思われます。

自宅で利用しているルータも、家族みんなのデータ通信をささえる大事な存在です。

 

しかし、年々増え続けるデータ通信量に対応して、最新型のルータにかえることによって、最近感じていたインターネットの表示速度に対する不満が解消する可能性もあります。

ルータも通信速度の面では、圧倒的な進歩を続けています。