セキュリティ対策とは?

インターネットは、とても便利で簡単に利用できる通信手段です。

その仕組みを知らなくても、パソコンなどの画面上の一定の場所をクリックするか指で触れば別の国のサーバ内の情報を一瞬で確認することができます。

そんな便利なインターネットは、使い方によっては、色々な危険を秘めた世界でもあります。

インターネットの世界に存在する色々な危険から、自分のパソコンなどの通信端末を守るには、どうしても対策が必要です。

 

それが「セキュリティ対策」と呼ばれているものです。

それでは、一体どんなことをすれば、対策として有効なのでしょうか?

そのヒントになりそうないくつかの情報を紹介します。

 

セキュリティ対策とは?

一言で、セキュリティ対策といっても、色々な利用方法があるインターネットの世界では、その対策も複数存在します。

しかし、複数存在する対策のうちの一つだけを選択すれば、それで対策として十分でしょうか?

現状は、そんなに甘くありません。考えられる全ての対策をとる必要があるのが現実です。

まずは、どのような方法でインターネットを利用しているかが、問題になります。

 

インターネットをパソコンで利用しているならば、そのパソコンには、ユーザーにとって大事な個人情報が満載された、ハードディスクが内蔵されています。

その情報を守ることがセキュリティ対策の目的の一つです。

 

しかし、それだけではありません。

なぜなら、あなたのパソコンには、友人などのメールアドレス等の情報も存在していますので、それを守ることも必要です。

また、知らない人が、あなたのパソコンを勝手に操作することを防ぐ必要もあります。

パソコンは、使い方によっては、それと知らずに、他人の個人情報を流出する手助けをすることもある通信端末です。

 

セキュリティ対策は必要なの?

よくパソコンを使用している人が、「私のパソコンはたいした情報が入っていないから大丈夫」、という発言をすることがあります。

しかし、ウィルス感染したパソコンでは、他人のメールアドレスを使用して、勝手にウィルス感染した電子メールをそのアドレスへ送信する方法で友人等のパソコンにも感染を広げることになります。

 

インターネットに接続することによって、別の場所に設置したパソコンとも、密接につながっているということです

 

セキュリティ対策は、特別なことをする必要はありません。

ひとまず、パソコンを起動したときに、パスワードを求める設定にすることから、初めてはどうでしょうか?

そして、パソコン自体も、無料でおこなっているOSのアップデータをかならず実行してください。

 

このあたりをサボっていると、インターネット回線を利用して、他の国の人が、あなたのパソコンを乗っ取ることさえありえるのが現状です。

そして、一般的なタイプのセキュリティ対策ソフトをインストールしておけば、ひとまず安心できます。

しかし、セキュリティ対策ソフトの自動更新機能をオフにしたのでは意味がありませんし、契約期限が切れる前に必ず契約を更新することも忘れないで下さい。

 

セキュリティ対策の今後はどうなるの?

セキュリティ対策のレベルを下げても問題が発生しない世の中がくることは、すくなくとも我々が生存している間にはやってこないことは確実です。

逆に、今日は問題なかったセキュリティ対策が、明日になると不十分と判断されることが起こるかもしれません。

特に、パソコンは数年ごとに新しいOSが発表されてきましたが、そのくらいのペースで新しくしていないと、セキュリティ対策の面で、通信業界の標準から遅れてしまいます。

高価でも、かならず交換すべき時期がやってくるのがパソコンを含めたインターネットに接続する通信機器の宿命です。

 

通信機器と、それにインストールしているアプリケーションは、常に最新の状態にすることを習慣化することだけで、セキュリティ対策のレベルは確実にアップします。

使用している機器については、メーカーによるサポート対応期間が終了する前に新しいものへ変えていく決断が、これからも必要になると思います。