スパイウェアとは? 定義の解説と対処法

コンピューター・ウィルスと似て非なるものに「スパイウェア」というものが存在しています。

名前通りのスパイ活動をするプログラムですが、一体どんな情報を持ち出しているのでしょうか?

パソコン自体には影響しないのでしょうか?

 

やっぱり、気になる存在です。

この記事では、スパイウェアの存在する目的と、その影響を紹介しています。

コンピューター・ウィルスと違い、自己増殖する機能はないようですが、場合によっては、ウィルス以上の悪影響をインターネットの利用者に与えることもある悪質なプログラムです。

 

スパイウェアとは?

スパイウェアとは、

 

パソコンなどを利用するユーザーの意思に関係なく、ユーザーに関するあらゆる情報を外に流出したり、ユーザーの意思に関係なく、パソコンなどの機器に一定の動作をとらせたりするプログラムです。

自己増殖能力をもたないところが、コンピューター・ウィルスとの違いです。

通信販売で利用したクレジットなどの情報を外に持ち出すタイプのスパイウェアも存在します。

 

スパイウェアの作成は、ほとんどの場合、パソコンユーザーの情報を必要としている企業がおこなっています。

ビジネスチャンスを増やすことを目的として、ユーザーの閲覧しているウェブサイトの履歴を収集したり、自社の広告などで強制的にパソコンなどの画面を占拠したり、といった迷惑行為を世界中の通信端末でおこなっています。

 

その他に、インターネットへ接続すると、かならず自社のウェブページを表示するように設定を変更したり、実際には存在していなくても、セキュリティ面での重大な問題が発生していることを、その機器の利用者に知らせて、効果の全く期待できないセキュリティソフトの購入を促したり、等の卑劣で、姑息な手段のオンパレードで、インターネット初心者を不安にさせることにより、契約者を増やしています。

 

スパイウェアの対策は?

通常は、スパイウェアが表示する画面には、会社名等が表示されますので、その情報に基づいて、インターネット上で検索すれば、それがスパイウェアであることが判明します。

削除の方法を確認して、簡単に削除できる場合は、すぐに削除することをおすすめします。

簡単に削除できないときは、パソコンであればシステムの復元等の機能を利用して、スパイウェアがインストールされる前の状態にもどすことができれば、それで解決です。

 

このようなスパイウェアは、ほとんどの場合、インターネット上の無料アプリをダウンロード、するときに、同時に入ってくる例が多いようです。

特に英語表示の無料アプリは、ほとんどの場合、この手のスパイウェアが仕掛けてありますので、目的のアプリ以外の選択(初期状態では、チェックボックスにチェックが入っています。)を外してから、ダウンロードすれば、通常は大丈夫です。

気がつかずにインストールしたときは、そのいらないアプリだけを削除できれば、問題ありません。対策として、スパイウェアにも対応しているセキュリティ対策ソフトのインストールは、大変有効です。

それと、パソコンのOSと、ブラウザはこまめにアップデートをおこない、つねに最新のバージョンで利用することも有効な対策です。

 

スパイウェアのこれから

プログラムの技術が進歩するのに合わせて、さらに高度な仕組みをもつスパイウェアが登場することは、予想できることです。

必ずセキュリティ対策をおこなった、最新のバージョンのOSと、ブラウザ、及びセキュリティ対策ソフトを利用することで、ほとんどの脅威には対抗できるはずです。

しかし、最新のスパイウェアには、その発生情報が、セキュリティ対策ソフトを提供している会社へ届かないかぎりは、対抗することができません。

 

最近パソコンの挙動がおかしいと感じたときや、インストールした記憶のないアプリのアイコンがデスクトップに現れたときは、要注意です。

すぐに、インターネット上で、同様の症状が報告されていないかを確認する習慣をつけることも、有効な対策といえます。

スパイウェアのように、常時パソコンの動作を監視するタイプの不正アプリは、パソコンの動作を遅くする傾向があるようです。

逆に、それがヒントになるのではないでしょうか?