WiMAX2+はどうして高速通信ができるの?

さらなる速度アップも予定しているモバイル通信の新規格であるWiMAX2+(ワイマックス・ツー・プラス)は、今後のモバイル通信の明るい未来を象徴する存在です。

その高速通信の技術は、どのような進化をとげてきたのでしょうか?

この記事は、モバイル通信の世界をつねに牽引してきたWiMAXの後継規格である、WiMAX2+の高速通信を実現した技術に注目して、その内容をわかりやすく紹介することを目的としています。

今後も、モバイル通信の世界では、多数の利用者に高速通信のサービスを提供することが予想されるWiMAX2+の高速通信は、どのような方法で提供されているのでしょうか。

 

WiMAX2+とは?

WiMAXの後継規格であるWiMAX2.1を採用したサービスで、2013年10月31日から提供がはじまりました。

このサービスを提供するUQコミュニケーションズにより、WiMAX2+(ワイマックス・ツー・プラス)と命名されました。

通信速度は、それまでの最大で下り40Mbpsから、下り110Mbpsと倍以上の速度アップを実現しました。

 

この110Mbpsという通信速度も、今後の新技術の採用と、利用周波数帯の追加により、220Mbps(2014年中を予定)、さらに440Mbps、最終的には、1000Mbps(=1Gbps)を超える速度アップを予定しています。

これまでのWiMAXは、独自の路線を貫くことでたくさんのユーザーの支持を獲得してきました。

利用できるエリアの拡大と、データ通信量による速度制限が存在しないことが、利用者増加につながったことは間違いありません。

ところが、いまのところ、具体的な制限の内容は確定していませんが、WiMAX2+については、LTEのように、データ通信量によるなんらかの制限をもうけることが、ほぼ確実な状態です(契約後、2年間の猶予期間があるため、大至急の話ではありません。)。

 

WiMAX2+の速度アップはこうやっています。

WiMAX2+の高速通信を支えている通信技術ですが以下のような方法を用いています。

通信に利用する周波数帯がこれまでのWiMAXで利用していた10MHz帯から、その2倍の20MHz帯へと変更

無線基地でデータ通信に利用しているアンテナの数を、これまで送受信でそれぞれ2本を使用していた状態(2×2)を、WiMAX2+の提供開始の時点では、送信で4本、受信で2本使用する形式へと変更しました。

 

これによって、ひとまず下り110Mbpsの通信速度を実現できました(4×2 MIMO、multiple-input and multiple-outputの略称)。

今後の予定ですが、送受信で、常に4本のアンテナを利用するかたちへ変更することにより、下り最大で220Mbpsへ速度をアップすることが決定しています(4×4 MIMO)。

また、現在WiMAXで利用している周波数帯(10MHz帯×3=30MHz)のうちの一部をWiMAX2+の周波数帯として利用することにより、WiMAX2+が使用している現在の利用周波数帯(20MHz帯)を広げることにより、さらなる速度アップを予定しています。

 

その他の技術では、データ通信情報を、電波信号に変換する効率をアップすることも予定しています(256QAM方式の採用。)。

将来的には、最高で下り1Gbpsをこえる通信速度が実現できることになります。

 

WiMAX2+のある生活

これから先の通信速度アップが、大変楽しみなWiMAX2+の現状です。

しかし、今後の周波数帯の追加等により、通信速度の面では、WiMAX2+のメリットがますます増えていくことが確実な情勢に、多少複雑な心境の人も存在するのではないでしょうか?

特に、最近、WiMAXのみに対応する機器が提供される内容の契約をおこなった人は、次回の契約更新の時期がWiMAX2+を利用できるチャンスになります。

 

現在の最新機器では、通常のタイプでも、WiMAX2+とWiMAXの両方に対応しています。

さらに、KDDIの提供しているLTE回線にも接続することもできるタイプ(三種類の電波形式に対応)のモバイル通信機器さえ存在しています。

外出先で利用する機会が多い人は、このような通信エリアの広い機種を選択することをおすすめします。