Wi-Fi新規格802.11acは何がすごい? MIMOとチャンネルボンディング

最近、新発売されるWi-Fi(ワイファイ)ルータは、どれも一つのWi-Fi規格に対応していることを一番に主張しています。

それが「802.11ac」と呼ばれている新規格の電波形式です。

この規格の説明をみると、いままでとは別次元の通信速度を実現していることに気がつきます。

はたして、このような通信速度が、理論上であったとしても、可能なのでしょうか?

 

一体、どのような仕組みをつかえば、このような数値をたたき出すことができるのでしょうか?

その疑問に答えるには、多少の専門用語をつかう必要があるようです。

この記事では、通信速度のアップに貢献するいくつかの新技術の内容をわかりやすく紹介しています。

 

802.11acとは?

通信規格としてのデータ伝送速度は、最高で、6.9Gbps(=6900Mbps!!)という凄まじい通信速度を実現できる次世代のWi-Fi規格です。

この数値は、あくまで理論的に計算した数値ですので、現在一般に販売されているWi-Fiルータ等の機器では、この4分の1以下の通信速度を最大速度とするものしか存在しません。

それまでのWi-Fi規格(802.11n)の最高速度が、最大で、450Mbpsということですから、計算上とはいえ、一気に十倍以上のスピードアップが実現したことになります。

 

一般的なWi-Fi環境で、この計算上の数値がそのまま実現することはありえませんが、それでも全く同じ環境で、使用する通信機器(無線親機と子機)の全てを、802.11n対応のものから、802.11ac対応のものへ交換すれば、一体どれくらいの速度上昇を体感できるのか、大変楽しみです。

 

802.11acのすごいところは?

この新規格は、これまでも存在した高速通信の技術をさらに発展させることで超高速環境を実現しました。

まずは、利用する周波数帯は、「802.11a」と同じ、5GHz帯を利用します。

 

そして、複数のアンテナを利用してデータの送受信をおこないます。

この技術は、MIMO(Multiple Input Multiple Output)と呼ばれます。

また、複数のチャンネルを結合して、大きな周波数帯として利用します(チャンネルボンディング)

 

アンテナを同時に複数つかうMIMOという技術ですが、802.11acでは、それまでの802.11nが同時利用できる数が、4本だったところを、8本まで増やしました。

また、チャンネルボンディグ技術により、同時に利用できる帯域の面でも、それまでの802.11nでは、20MHz×2=40MHzだったところを、20MHz×8=160MHzまで増やしました。

この20MHzという数値は、802.11nより前の規格で利用していた帯域幅です。

 

アンテナの利用方法については、もう一点進化したところがあります。

それは、以前の規格であれば、1台の無線通信端末(パソコン等)のみが、無線親機と通信できていたところを、同時に4台の端末へデータを送信できるようにしました(マルチユーザMIMO)。

さらに、通信端末の場所を推定することにより、複数あるアンテナごとに現在送信している通信端末の存在する場所へ強い電波信号を届ける技術も標準となっています。(ビームフォーミング)。

その他の進歩として、送信するデジタルデータをWi-Fiの電波信号に変換するさいの効率をアップする方法(64QAM → 256QAM)で、大量の情報を送信できるようにしました。

 

802.11acのこれから

これからの課題としては、いかにして、この理論的な最高速度を実現するかということが、各メーカーの当面の目標となりそうです。

しかし、実際には、この数値の半分程度の通信速度があれば、現在の利用方法では、特に不満はでないのではないでしょうか。

それでも、常に限界を目指すのがメーカーの宿命かもしれません。

我々にしても、どうせお金をだすなら、すこしでも高速で通信できるWi-Fi機器をもとめることがユーザーとしての宿命なのです。

 

最近は、802.11acに対応した無線機器が、安価で購入できるようになりましたので、すでにパソコンに無線子機が内蔵している場合でも、親機と、子機を交換して、容易にWi-Fi環境を高速化することができます。

現在のWi-Fi環境に速度的な不満を持っている人は、検討する価値があると思います。