スマホとパソコン間で簡単データ移動、必要なのはPushbulletだけ

同じApple社の製品であるiPhoneとMacの間で、簡単にファイルやWebサイトのURLなどのデータが共有できることを知っていますか?

片方の端末で作成した各種ファイルが簡単に同期できる状況は、複数の端末を保有していることが当たり前になった現在では理想的な環境です。

その理想的な環境を、スマホやパソコンのOSに関係なく実現できるアプリが存在します。それがPushbulletです。多数のOSに対応することで、これまで存在していた壁を壊すことに成功した便利アプリとは?

Pushbulletによるデータ移動とは?

無料のアプリをスマホとパソコンにインストールするだけで、データ転送が圧倒的に楽になるPushbullet。

送信側の端末で起動したアプリで送信したいファイルを選択すれば、すぐにデータが相手の端末内に転送されるという非常に簡単な仕組みです(送信ボタンさえありません。)。

複数の端末を認証させる方法としては、Google又はFacebookのアカウントを利用します。現在スマホ側はAndroid端末とiPhoneに対応。パソコン側はWindowsとMacに対応ずみです。パソコン側で使用しているブラウザを利用して送信されたデータを確認可能。ブラウザを利用しない場合は、パソコン専用に用意されたアプリをインストールします。

パソコン側のブラウザはChrome・FireFox・Opera・Safariに対応。それぞれのブラウザ向けに用意された拡張機能をインストールすれば、すぐに機能を利用できます。

ツールバーに追加されたPushbulletボタンをシングル・クリック。すると現在表示されているWebサイトのURLが、他の端末へすぐに送信できるように設計されています。

Pushbulletの特徴

写真・動画・音楽などの各種ファイル、メモ・URLの送信以外にも住所の共有、スマホに届いた各種通知をパソコンで表示・削除できる機能(後述するIFTTTサービスを利用)そしてコピーした文章の共有機能などが提供されています。

コピーした文章の共有機能とは、同期している端末のどれかでコピーした文章がすぐに他の端末でペーストできるというものです。

初期設定で有効にしておけば、特にコピーした文章を同期させる動作をしなくてもすぐに反映される点は、これまで経験のない操作感かも知れません。

Pushbulletは、IFTTT(イフト)にも対応しています。このサービスはTwitterやGmail・Googleドライブなどの多数のWebサービスを利用する際に、通常は手動で行う動作を自動化できるものです。

Webサービスごとに用意されたメニューを組み合わせることで、無限の可能性があるサービスと評価できるIFTTT。無料で利用できるサービスですから、一度内容を確認してはどうでしょうか?

Pushbulletによるスマホとパソコンの関係

今回紹介したPushbulletのサービスを有効に利用すれば、スマホとパソコンがほぼ一体化するでしょう。

重要なメッセージの受信を見逃したり、保有する端末のひとつで作成したデータをなくしたりというアクシデントとは無縁となるのでは?そんな新たな境地へ到達できそうです。

Pushbulletを、別のサービスであるIFTTTと組み合わせれば、さらに可能性が広がります。単なるデータ転送アプリという評価では、その実力に相応しくないと思えるほどの可能性を持っているPushbullet。

スマホとパソコン間にあるOSによる壁を無くすことができるシステムとして貴重な存在です。