Wi-Fiの無線ルータはこれがおすすめ!NEC編

NEC製のWi-Fiルータが何種類も店頭にならんでいる姿をよくみかけます。

しかし、自分の利用環境に適したものを選択するには、多少時間がかかりそうです。

最新の機種であれば、問題ないのかもしれませんが、予算を考えると、簡単にはきめることができません。

高価な機種になるほど、インターネット以外の利用方法が増えることが予想されますが、はたして、そのような機能を利用する可能性があるのかも、未知数なのが通常です。

この記事では、そのような悩みにできるだけこたえることができるように、もっとも一般的な利用方法に対応している1台を紹介したいと思います。

 

やはり、Wi-Fiでインターネット等を利用することが一番の目的ですから、その通信速度にはこだわりたいところです。

それとともに、ネットワークを利用したインターネット以外での利用方法も試すことができれば、なお良しです。

その他の機能のなかには、最近の技術革新によって初めて可能となった機能もあります。

それを実際に利用する場面が、今後あるのか疑問ですが、それぞれの新機能が、利用方法によっては、我々の生活様式をかえる可能性をもったものです。

 

NEC製の無線ルータ「PA-WG1800HP」がすごい!

今回は、NEC製の無線ルータである「PA-WG1800HP(実勢価格は、税抜きで12,000~\16,000前後)を紹介します。

まず、Wi-Fi関係の機能としては、最新の規格である「802.11ac」に対応しています。

その他の一般的に利用されているWi-Fi規格(802.11aca/g/b/)にも対応していますので、この機器に交換することによりパソコン等が接続できなくなる可能性は、ほぼないといえます(パソコン等のアプリのバージョンによっては、接続できない可能性が若干存在します。)。

 

背面に4カ所ある有線LANポートも、1000Mbps(=1Gbps)までの伝送速度に対応していますので、100Mbpsをこえるような通信回線に契約した場合も、有線ケーブルを利用した接続により、その通信速度を体感することができます。

また、USB端子がついていますので、そこへ接続したUSBメモリー、ハードディスクの情報をおなじ無線親機へ接続した他の通信端末(パソコン等)から読み込んだり、書き込んだりすることが可能です(ファイル共有機能)。外出先からインターネット経由でこれらの情報を閲覧することもできます(USBファイルHTTP公開機能)。

 

その他にも色々な機能があります

まずは、同じネットワークに接続された対応機器同士で、お互いの機器がもっている音楽、映像、写真等の情報の再生等が可能となるDLNA(Digital Living Network Allianceの略称です。)に対応しています。

次に、本体のUSB端子へ接続したカメラを利用して、他の部屋や、外出先から、自宅の様子を確認することが可能です(USBカメラ機能)。

同様に、外出先から、自宅のパソコン等へ簡単にアクセスして、ファイルチェック等をおこなうことも可能です(ホームIPロケーション)。

 

この機器はスイッチを切り替えるだけで、親機、子機、中継機の機能を持つことが可能です。

子機として利用するときは、最大で5台までの機器を有線ケーブルで接続することができます。

その他、来客がWi-Fi環境を利用するさいに、ネットワークを経由して他の通信端末へ侵入することを防ぐ機能と、使用時間を設定したタイマー設定をおこなう機能があります(ゲストSSID機能)。

 

これ1台でほとんど解決するのでは?

無線LAN(Wi-Fi)環境でも、有線LAN環境でも、それぞれ市販の機器としては最高の通信速度に対応しています。

それ以外のネットワークを利用した機能を将来利用する時期がきても、特に問題がないような仕様になっています。

特に、USBに対応したカメラを接続することにより、外出先からの監視ができる点が目をひきます。

 

まずは、高速でWi-Fi環境を利用するところから初めていき、少しずつ追加機能を利用するようにすれば、使い方がわからなくなることもないと思います。

無線親機の場所から、パソコ等の利用場所まで、Wi-Fiの信号が届かないことが最初からわかっているときは、この機器を2台購入して、1台を中継機として設定すれば、無線機器同士の相性の問題も発生しません。

とりあえず1台購入してから様子をみるなら、この機種がおすすめです。