KDDIの新技術、60GHz帯通信とLTEを利用して大容量コンテンツ送信

どのような分野でも、性質の異なる2つの技術を組み合わせるという試みは普通に行われています。

ところがモバイル通信の世界ではあまり聞かれません。それには通信方式を切り替える際の技術的な問題があるようです。

通信方式を切り替えるたびに通信を確保する手順を最初からとれば、それだけ時間がかかるという現実的な問題。このような問題を解決できる新技術が開発されたという話題を紹介します。

60GHz帯通信とLTEを利用した新技術とは?

近距離に限定すれば非常に高速なデータ通信を可能とする「60GHz帯」と、長距離でもある程度までの高速データ通信が可能なLTEのサービスを切り替えながら利用できるという新技術。

この技術はKDDI研究所が開発したものであり、将来的にはモバイル回線に利用する周波数帯の不足に対応できるものとして期待されます。

もともと60GHzを中心とする帯域(日本では、57~66GHz)は、世界的に免許なしでも利用できるものです。さらに現在の技術でも1Gbps(=1000Mbps)を超えるデータ転送速度を実現。

KDDI研究所では、60GHz帯域を利用したデータ通信をLTEと組み合わせる際に、別の設計思想に基づいた新技術を採用しています。それがCCN (Content Centric Networking) 技術というコンテンツのダウンロード速度の向上を目指した通信規格です。

60GHz帯通信とLTEを併用してデータ転送というアイデア

LTEから60GHz帯通信へ切り替えた際に、現在の一般的な通信規格である「IP」のように最初から通信路を確保したのでは、余分な時間が必要となります。

そこで今回のKDDI研究所の開発した方式では、CCNという通信規格を採用。この方式ではユーザーの位置情報に基づいて、通過する可能性のある60GHz帯のエリアに設置されたサーバーに、ダウンロードすべきデータを事前に準備します。

このような方法で事前にサーバーに保存されたコンテンツデータを、通信端末が60GHz帯通信のエリアを通過する短い時間内にダウンロードできるという仕組みです。

この方法では事前に必要なデータを60GHz帯エリア担当のサーバーに保存。そのためサーバー同士を接続している有線ネットワーク(サーバー間の基幹回線、バックボーン)の通信速度に直接影響されない点でも有効です。

実証実験ではLTEのネットワークのみを利用した場合よりも、ダウンロード時間を約5分の1に減らすことに成功。本来LTEネットワークを経由して送信されるデータ量の約90パーセントを、60GHz帯の通信へまわせることが確認されました。

60GHz帯通信とLTEがコンビを組んだ世界

今後、さらなる通信速度の向上が必要とされるのがモバイル通信の運命。今回紹介したような新技術が次世代の「5G」と呼ばれているモバイル通信規格のなかに採用されるかも知れません。

それほど画期的で効果的なこの新技術、性格の異なる2つの通信方式を状況によって使い分けるという新しいアイデアを形にしました。

このような技術が将来実現すれば、どのようなモバイル環境が実現するでしょうか?