SNSに疲れた人には最適!交流不要なTumblrとは?

SNSといえば、他のユーザーとの活発なやり取りで構成されるものという感覚があります。

自分の世界に自由に浸りたいと思っても、他の人の意見・感想は気になる。それでも多数のユーザーに見て欲しいという気持ちもある。

このように微妙な要望をそのまま実現したSNSサービスが「Tumblr」。他のSNSサービスとも連携できるという面と、画面の全てを自由に構成できるデザイン性の高いブログサービスという面を持っているTumblrを紹介します。

Tumblr、SNSに疲れた人のオアシスか?

米国のプログラマーであるデイヴィッド・カープが開発したブログ型SNS「Tumblr(タンブラー)」。

2013年にはYahoo!に買収され現在に至ります。多数のサービスが存在しているSNSの世界ですが、Tumblrはどのような特徴によって多くのユーザーの支持を獲得したのか?

Tumblrは、他のSNSのように他のユーザーとのつながりを拡散する楽しみと、ブログを自由なデザインで作成して自分だけの世界を構築する楽しみを両立できるサービスといえるでしょう。

ユーザー数はすでに全世界で2億人以上、登録しているユーザー数に対して実際に利用している人の割合が最も高いSNSサービスです。

「リブログ」と呼ばれている機能によって、ツイッターの「リツイート」のようにお気に入りの投稿をシェアできます。

ただしユーザー同士のつながりを広げるというよりも、自分独自の「ダッシュボード(=ホーム画面)」をつくり上げることを目的とした機能です。さらにデザイン性の高いブログの作成機能も提供されています。

Tumblr、自由度の高いデザイン

Tumblrの特徴としてデザイン性の優れたブログを、自由に作成できる点を挙げることができるでしょう。

他のSNSサービスよりも魅力的な画面を構成できるため、独自性のあるブログを作成したいと考えている人に適したサービスといえますもちろん他のSNSサービスとも連携可能です。広告や自分をフォローしている人の一覧などが表示されることもなく、画面の全てを自分の世界にできる点も特徴。

フォロワーとの会話に時間を費やすよりも、全ての時間をブログの作成にかけたい人に向いているかも知れません。

ブログとSNSの機能を巧みに融合したサービスです。実際にTumblrのブログを閲覧すれば、その意味はすぐに理解できるでしょう。魅力的なブログを作りたいと思っている人は、Tumblrを利用してはどうでしょう?例えば以下のようなブログを公開できます。

参考サイト(水彩画を閲覧できます。) http://nini-si.tumblr.com

Tumblr、これからの展望

すでに多数の企業が広報活動のために参入しているTumblr。一度閲覧すればそれも納得できるでしょう。容易に自分独自の世界を作り出せるTumblrは、Web上で良質のコンテンツを求めている人にお勧めのSNSサービス。

画面にブログ作成者の意図しない広告などが表示されないため、コンテンツに集中できるというメリットは大きいかも知れません。

これまでSNSを利用してきて他のユーザーとのやり取りに多少疲れ気味の人は、そのような要素を極力排除できるTumblrの設計思想にホッとするかも知れません。