ご存じですか?6月1日から自転車運転中のスマホ操作の罰則強化

自転車を運転中にスマートフォンを操作する姿は、特に珍しい光景ではありません。ただし今後はそれなりの覚悟が必要な行為となりそうです。

その背景には、自転車による人身事故が増加しているという事情が。死亡事故まで発生している現状を、そのままにしておくことは許されません。

そのため2015年6月1日から強化された自転車の危険運転に関する新制度の運用に付いて紹介します。明確にスマートフォンの操作を禁じる内容ではありませんが、実際に事故発生の原因となったときには間違いなく適用される罰則です。

自転車運転中のスマホ操作

2015年6月1日から、自転車の危険行為に関する新制度の運用が開始されました。

これは14歳以上の人が14種類の危険行為のいずれかで3年以内に2回以上摘発される(違反切符を切られる)と「安全講習受講」を受講する義務を負うことになる制度。

この安全講習を受講しないと5万円以下の罰金が課されます。このような内容の新制度がはじまった背景には、自転車による人身事故が増加傾向にあるという事情が。

例えば東京都内では、2015年の4月末現在、すでに本年度の自転車に関係する事故の死亡者が15人に上っているそうです。

新制度で14種類の危険行為として規定されたなかには「安全運転義務違反」という項目があり、スマートフォンや携帯電話を使用しながらの運転が含まれる可能性があります。またイヤホンで音楽を聴きながらの運転なども同様です。信号無視や酒酔い運転とは異なり「他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない(安全運転義務)。」という法律の規定(道路交通法第70条)に、個別の行為が違反していないかという点から判断されます(信号無視や酒酔い運転→即危険行為となります。)。

自転車運転中のスマホ操作

運転中にスマートフォンの操作をしたら即「安全運転義務違反」というわけではありません。

ただし実際にそれが原因で事故を起こした場合には、基本的に安全運転義務に違反したと判断されます。この法律とは別に、各都道府県の道路交通規則で自転車の運転中には携帯電話の通話や画面を見ながら運転してはいけないという規定があるため、常にその規則に違反した行為となります。

死亡者が出ることも珍しくない自転車運転中の人身事故。これまでは自転車の運転中に取り締まりを受ける可能性は極端に低いものでした。

そのため車のように違反切符を切られることもなく運転マナーの低下を招いたことが、結果として事故の多発を招いたという現状があります。3時間の講習と5700円の手数料を必要とする「自転車運転者講習」の存在により、かなりの効果が期待できる新制度です。

自転車運転中のスマホ操作

スマートフォンを操作しながら運転している自転車を狙った「当たり屋」が増加中とのこと。これは車にドライブレコーダーが搭載されるようになったため、自転車を標的にするようになったという事情があるようです。

損害賠償保険に加入している可能性が極端に低い自転車。スマホ操作中に人身事故を起こした場合には、非常に弱い立場に立つということを認識すべきです。また事故を起こしたときは、すぐに警察に連絡して現場検証を行いましょう。