iPhoneからAndroidアプリを操作可能な仮想モバイルインフラとは

インターネット経由で、データセンターに設置されたサーバー内で起動するパソコン用のOSへ接続する「仮想デスクトップインフラ(VDI)」。

すでに業務用のシステムとして確立されたこのシステムは、多くのメリットがあることが知られている存在です。

それではスマートフォンなどのモバイル端末のOSをサーバー内で稼働すればどうでしょうか?一般的に外出先に持ち出すことが多いモバイル端末。もしかしたらパソコン以上に大きなメリットが存在するのでは?モバイル端末の新しい使用方法に関する話題を紹介します。

仮想モバイルインフラとは?

仮想モバイルインフラとは、インターネットを経由して、データセンターのサーバー内で起動しているOSにアクセス。

そのOSが通常はモバイル端末で起動するOSであれば「仮想モバイルインフラ(VMI)」ということになります。

このような方法が可能となれば、Android OSに対応した端末だけではなくiPhoneやiPadのようなiOS端末からでも、Android OSを操作できます。この方法を採用すれば、多くのメリットがあることは明白です。

例えば私物の通信端末を会社の業務に使用する場合を考えてみましょう。

業務に関係する情報は、常にデータセンター内のサーバーに保存され、外部には出ません。業務時間外であるときや端末を紛失したときは、その端末との接続を強制的に解除すれば、重要情報の流出はありません。

マルウェア対策などのセキュリティ面でも、データセンター内で必要な対策を講じることが容易にできます。手元にある端末内のOSとは異なる別のOSを利用できるメリットは、他にもありそうです。

仮想モバイルインフラの可能性

現在利用されている仮想モバイルインフラ(VMI)製品は、Android OSをデータセンター内のサーバーで起動させるホストOSとしているものが通常です。

これはApple社が、iPhoneなどで起動している「iOS」をホストOSとする許可を出していないからです。それでもVMI製品の可能性が低いということではありません。

モバイル端末からインターネット経由でパソコン用のOSを操作するVDIよりも、Android OS用に開発されたVMIの方が操作しやすいという特徴もあります。また単にAndroid OS用に新しいアプリを開発すれば、iPhone・Windows Phone・BlackBerryなどのように異なるOSを搭載したモバイル端末からでも、その新しいアプリを操作できるという点も重要。さらに業務用とそれ以外の利用目的に応じて、使用できるアプリを簡単に制限できるというメリットもあります。

仮想モバイルインフラ、これからの展望

将来的には、このようなシステムの発展によって、モバイル端末自体のOSにはあまり興味を持たないユーザーが増えるかも知れません。

モバイル端末自体は単なる画面表示と入力を行う存在、実際にアプリが起動するのはデータセンターのサーバー内という形態です。

この方法であれば、使用するOSのアップデートやセキュリティ対策もデータセンター内で対応可能となります。モバイル回線の通信速度が高速化して、安定した接続環境が実現できれば、決して夢の話ではありません。