iPhone次期モデル?噂から推測できるその姿、6cらしき画像も一瞬

そろそろiPhoneユーザーがそわそわする季節。毎年9月頃に販売が開始されるのが新型iPhoneです。

今年も多くの噂が楽しませてくれました。次回iPhoneの発表直前のタイミングとなる現在の段階で、予想される次期モデルを多数の噂から予想してみましょう。このうちいくつの話が実現するでしょうか?

iPhone次期モデルの噂を集約すると

ほとんどの見解で一致する部分から挙げると、iPhone次期モデルには「感圧タッチ(Force Touch)」が採用されるようです。

これは画面を押さえる力(又は面積)によって、2種類のタップを検知できる技術。すでにApple社の製品であるMacbookなどには搭載されている機能です。また販売が開始されたApple Watchにも搭載されているため、信ぴょう性はかなり高いと思われます。

また採用されるプロセッサ(CPU)メモリー、カメラの機能向上は毎回のことであるため、特に異論はないでしょう。

メモリー(RAM)は2GBになるという具体的な数値まで出している人も。カメラに付いても「デュアルレンズ」「一眼レフカメラなみの画質」という話が出ています。製品の名称に付いては「iPhone 6S」ではなく「iPhone 7」になるのではという意見もあるようです。

iPhone次期モデルに期待することは?

Appleの公式サイトに一瞬だけ登場した製品の姿が、プラスチック製で低価格を実現した旧モデルのiPhone 5cにそっくりであったとの話もあります。

そのため4インチのiPhone 6c、もしくは低価格帯の新製品の登場を予想する人も。画面サイズに付いては、現行機種と同様の4.7インチと5.5インチになることを予想する人が多数派のようです。

さらに期待と予想が一致する部分としては、防水性を高めた製品の登場を予想する見解もあるようです。この話はAppleが電子機器における防水技術に関する特許を出願したことから派生。

次期製品では実現できないかも知れませんが、近い将来にはという話かも知れません。Apple Watch(IPX7準拠の防水機能)のように、iPhoneにも最低限の防水機能は欲しいところです。Apple Watchは雨が降ったときや手を洗うときなどには問題が発生しない程度の防止機能を備えています。

iPhone次期モデルの登場はもうすぐ

例年では、9月頃に販売が開始されるiPhoneの新製品。今年は、新製品の登場という話題だけではありません。SIMロック解除が義務化された日本では、各通信キャリアの対応が注目されています。

すでに次期iPhoneのSIMロック解除に応じることを表明したdocomo、態度を明確にしていないau・SoftBankという状況です。

おそらく次期iPhoneの提供を開始するタイミングで、au・SoftBankもSIMロック解除に応じることを表明するでしょう。購入日から6ヶ月(又は180日)を過ぎた時点で解除可能となる点は共通になると思います。

通信キャリアが使用する周波数帯に関係なく設計されているiPhoneは、格安SIMサービスとの相性が最も良い機種です(次期iPhoneの対応周波数帯は、現時点では不明ですが)。