Wi-Fi USBで実現する高速通信の可能性

現在利用しているパソコンには全く不満がないけれども、もう少しインターネットの表示速度が早くなったり、大容量のデータのダウンロードに必要な時間がもう少し短縮できたりすればよいのに、と思っている人が、簡単にその希望を満たすことができる方法があります。

それは、現在利用しているパソコンに内蔵されている無線LAN(Wi-Fi)通信用の子機を利用するのをやめて、外付けの無線LAN子機を利用する方法です。

 

最近のパソコンには、USB端子が標準でついていますので、用意した無線子機を、付属の取扱説明書に従って接続します。

後はいままで利用してきたWi-Fi信号に設定されたSSIDとパスワードの情報を確認のうえ、再度接続すればそれで終了です。

この記事では、実際に販売されている無線子機を例にしながら、どのようなタイプの無線子機を使用することにより、通信速度の向上を実現するのか、そのヒントになる情報を提供しています。

場合によっては、無線子機を交換しても速度アップが期待できない場合もあります。その点は、事前の確認によって、判断することができます。

 

高速化の前の注意点

無線子機を交換しても、無線親機の様式によっては、効果の期待できない可能性と、全く接続できない可能性があります。

子機を交換するまえに、その点を確認する必要があります。まずは、無線親機の取扱説明書等を確認のうえ、対応しているWi-Fi信号の周波数帯を確認して下さい。

無線親機の使用する周波数帯は、2.4GHz帯と5GHz帯にわかれています。両方に対応している機種もあります。

 

無線親機が「802.11ac/n/a/g/b」に対応している機種であれば、どのようなタイプの無線子機であっても基本的に接続可能です。

この機種は、両方の周波数帯に対応しています。次に「802.11ac/n/a」にのみ対応している機種は、5GHz帯にのみ対応していますので、用意する無線子機は、かならず「802.11ac」又は「a」に対応していないと利用できません。

最後に「802.11n/g/b」にのみ対応している親機の場合(2.4GHz帯に対応)、子機はかならず「802.11g」または「b」に対応していないと接続できません。

「b」のみに対応している子機はまずないと思います(もし、あったとしても「b」の通信速度は最も遅いため、交換する意味はありません。)。

 

最後に、「802.11n」という規格は、単に「802.11a」または「802.11g」のWi-Fi信号を同時に複数利用することができる規格ですので、上記の電波規格を判断するさいには、その対象には入れないで下さい。

また、「802.11ac/」と「a/」では「ac」が、「802.11g」と「b」では「g」が圧倒的に通信速度の点で有利です。

親機が「ac」に対応しているときは、多少高価になっても「ac」に対応している無線子機が最もおすすめです。

 

提供されている無線子機

一例として、バッファロー製の無線子機「WI-U2-433DM(直販価格で、税抜3400円)」をみてみましょう。

この機器は、USB端子に対応した小型の無線子機です。パソコンにさすと19ミリ程度飛び出します。

しかし、その機能はかなりのレベルです。Wi-Fiの規格「802.11ac/n/a/g/b/」の全てに対応していますので、無線親機の仕様に関係なく利用できます。

 

デスクトップタイプのパソコンであり、持ち運びの必要がないときは、さらに飛び出し部分が大きくなるタイプですが、同じメーカーの「WI-U3-866D(直販価格で、税抜5400円)」の方が、通信速度の面でおすすめです。

まったく同じWi-Fi規格(802.11ac/n/a/g/b/)に対応した機器ですが、上記の機種よりも高速での通信が可能です(通信速度、5GHz帯で、最大433Mbbpsから866Mbpsへアップ、2.4GHz帯で、最大150Mbpsから300Mbpsへアップします。)。

 

今回紹介した二機種は、無線親機が使用しているWi-Fiの規格がどの形式であっても基本的に接続できるタイプです。

しかし、本当にデータ通信速度をアップするには、親機と子機の組み合わせにより、できるだけ通信速度が高速となる規格を利用する必要があります。

 

現在、もっとも高速で通信できる規格は、5GHz帯を利用する「802.11ac」となります。

この周波数帯で利用するさいに、無線親機と、子機をつけたパソコン等の場所がはなれていることにより、接続が安定しないときは、2.4GHz帯を利用する「802.11g」へ切り替えて、どちらが安定するかを確認して下さい。

 

購入前に確認すべきこと

今回紹介した無線機器は、現在一般的に利用されている全てのWi-Fi規格に対応していました。

しかし、無線親機の設定を変更して、5GHz帯を利用する「802.11ac/n/a」を利用することができれば、さらなる速度アップが期待できます。

無線親機に付属していた取扱説明書等を確認すれば(インターネット上で確認することもできます。)、それが可能であるかどうかが判明します。

 

しかし、無線親機が2.4GHz帯にのみ対応しているときは、今の状態で、無線子機のみを変えても、実際に体感できるほどの速度アップの可能性は低いと思います。

しかし、おなじWi-Fi規格で通信した場合でも、新しい子機の方が性能的に勝るため体感できるほどではないかもしれませんが、ある程度の速度アップの可能性はあると思います。