無料で高品質な通話可能!それがユーザー登録も不要なSkyPhone

LINEやSkypeなどの無料通話アプリが、すでにスマートフォンのなかで活躍しているユーザーのうち、音声通話にも利用している人はどの程度の割合になるでしょうか?

テキストを使用したメッセージほどは利用していない人がほとんどでしょう。このような無料アプリによる音声通話の品質が、それほど高くないということも理由の1つになるかも知れません。

ところが高音質の通話を可能とする新しい無料通話アプリが登場しました。

SkyPhone、それは高音質で無料の音声通話サービス

無料の通話アプリでありながら、高音質の音声通話を実現したアプリ「SkyPhone」。

iOSとAndroid OSに対応したこのアプリは、CDを上回るサンプリングレート(48000Hz)で音声をデジタル化して伝送します。

このサンプリングレートの数値は、LTE回線を利用して高音質の通話を行う「VoLTE」の数値(16000Hz)を超えるものです。その他にもノイズキャンセル機能を搭載して通話の質を向上させる試みも。

これまで通話の品質を気にして、無料の通話アプリを使用してこなかった人にもお勧めできるアプリです。簡単な操作により専用のSkyPhone番号(8ケタ)が即時に発行され、その番号も即座に変更可能です。

LINEなどのアプリのように、インストールしたらスマートフォンの電話帳が読み込まれることもありません。このあたりは一見すると不便なようですが、実はセキュリティ面で考慮された設計であると評価できます。プロフィール画面から自分のSkyPhone番号を簡単にメール送信できる機能が便利です。

SkyPhone、なぜ高音質?

状況によっては、音質を落として会話の継続を優先するモードも提供されているSkyPhone。

ノイズキャンセル機能を無効にして背景の音がカットされないようにすると、その音質のレベルがよく理解できるでしょう。このアプリを開発したクアッドシステム社は、リモートデスクトップ技術で知られた企業です。

SkyPhoneの特徴である高品質な音声伝送もこれまで蓄積したリモートデスクトップ開発の技術を発展させることで実現しました。

開発当初から、すでにCDレベルの音質(44100Hz)を実現していたリモートデスクトップの音声伝送技術を、音声圧縮コーデックや通信方式の改善によってさらに進化させることで現状の高い品質を達成しました。

通話中に画面中央に表示されるインジケータによって、現在の通信状態を色で確認可能(良好→青、不良→赤)。電波状態が良くないときは、設定を変更して低速回線モードを選択できるところも、利用者の立場になって考えられた部分です。

SkyPhoneを利用して音声通話

優れた音質で利用できる無料通話アプリであるSkyPhone。実は通話品質に関する機能以外には、特に細かい機能が提供されていないアプリでもあります。

例えば、もともとスマートフォンに内蔵されているアドレス帳の内容を、アプリを提供している企業のサーバーに送信するような機能もありません(通常は、アドレス帳から他ユーザーを自動検索)。

またSkyPhone番号を取得する際に、利用者登録をする必要がないため、個人情報を一切書き込む必要がないという点も特徴です。これまで他社の提供している通話アプリを利用した経験のある人は、これがかなり画期的なことであることに気が付くでしょう。音声通話に特化したシンプルな通話アプリ「SkyPhone」は、試してみる価値のある存在ではないでしょうか?