インターネットと著作権の関係。引用と無断転載と盗作の違いは?

インターネット上のトラブルとして最近話題になる「無断転載」「盗作」と「引用」の関係。

盗作が明らかに犯罪行為であることは文字をみればわかります。

ところが問題のない引用と無断転載の違いになると、多少わかりにくいかも知れません。この記事ではその辺りの事情を解説しています。

引用と無断転載と盗作の違いとは?

他人の著作権を侵害したとして問題になるケースでは、それが著作権者の承諾が不要な「引用」であるのか、それとも「無断転載」や「盗作」に該当するのかが重要ポイントです。

それではどのような行為が「引用」になるでしょうか?引用の定義に付いては、著作権法第32条に記載があります。

ここには公表された著作物は引用できること(著作権者の許可不要)ただし「公正な慣行に合致」して「目的上正当な範囲内」であることが求められています。

つまり、この範囲を超えてしまうと、それは引用ではなく無断転載や盗作であるという評価を受けてしまいます。

国などの公の機関が、一般に周知させるために作成して公表した資料、報告書などは、特に禁止していないかぎり「転載」できるとも定めています(転載であっても著作権者の許可不要)。

引用と無断転載では、大違い!

公正な慣行に合致して、目的上正当な範囲内という部分は、どのように解釈すべきでしょうか?

例えば他人の文章をそのまま丸写しにした場合や、引用部分と自分の執筆した本文が区別できないような場合には「引用」ではなく「転載」になるでしょう。

このような場合には、公の機関が一般向けに公表している資料、報告書などである場合を除き、著作権者に許可をもらう必要ありということです。

引用として区別してあるとしても、他人の著作物が大部分を占めているような場合も、実質的には転載と変わりません。

例えば自分の文章は1行のみで、残りは無断で転載した他人(公の機関が公表した情報を除く)の文章によって構成されているようなブログを作成すれば、著作権法に違反した行為となります。

そして他人の作品全てをそのまま転載すれば、完全に盗作となるわけですが、さすがにこれは誰にでも判断できる基準です。

引用と無断転載と盗作は微妙な問題?

要は、引用した著作物が新しく作成した作品の「従」であり、「主」となる部分は引用した人による新しい表現、主張になっていれば問題なしということです。

自分の頭で生み出した新しい表現、主張などが存在しない場合、例えば英語で表示されたWebサイトを単に翻訳しただけのものをそのまま掲載するような行為には問題があります。好きな歌の歌詞をそのまま掲載する行為も同様です。

引用が許されるような場合でも、引用した部分は明示する必要があり、引用した部分を変更してはいけません。

過去には書籍の要約を自分のWebサイトに掲載したケースで、それを読めば中身がわかるような情報を掲載する行為を著作権法違反と判断した裁判例もあります。

自分の新しい表現、主張を表示する際に、それを補強する材料とするためにだけ他人の作品を自由に引用できるということになります。