電子メールはどうして届くの?

毎日のようにスマートフォンや、パソコン等の通信端末から大量に送信している電子メールですが、なぜ、毎回ちゃんと届くのでしょうか?

「郵便のように、相手先の住所があるの?」等の疑問を持つのも当然のことです。

この記事では、電子メールの基本的な説明と、その機能をわかりやすく解説しています。

 

電子メールは、これまでも、これからも、我々にとって大変重要な通信手段の一つであることは変わらないと思います。

その仕組みを知ることで、さらにこの通信手段の信頼性がアップするかもしれません。

 

最近では、もっとも信頼されている通信手段のトップの座に座っている電子メールです。

その初期の段階では、どちらかというと重要性の低い内容のメッセージを送るために存在する通信手段でした。

しかし、現在では送信履歴が残る、という特性を生かして大事な連絡や貴重な資料の送付のために利用されています。

 

電子メールって、そもそも何ですか?

電子メールの仕組みは、インターネットよりも先に開発されました。

文章を電気的な信号に変換して、相互に送信する方法としては、1965年に初めて使用されました。

その後、インターネットの前身となるアーパネットでも、電子メール用のシステムが開発され、そのときにはじめて「@」を使用して、電子メールの使用者を指定できるようになりました。

 

当初は、特定のネットワークに接続した通信端末の間でのみ利用することができた電子メールですが、その後のインターネットの発展により、現在では、インターネットへ接続した通信端末であれば、メールアドレスを指定すれば、どこにいる相手にでも、メッセージを届けることができるようになりました。

今では、メールの本文に、文章以外の情報(写真、動画等)を追加することも可能です。

また、メールに大容量のデータを添付して一緒に送信することさえ可能です。

 

電子メールの大まかな仕組みですが…

 まずはこちらが契約しているプロバイダが送信メールの宛先を、相手先のメールアドレス(例えば「abcdefg@abc.ne.jp」)から調べます。

該当する宛先を確認できたら、送信相手の使用しているメールアドレスを提供しているプロバイダ(アドレスの「@」の後ろの部分、例では「abc.ne.jp」でわかります。)のメール受信サーバへメッセージを転送します。

 

その後、そのアドレスを利用している人(「@」の前側の部分、例では「abcdefg」で区別します。)がパソコン等の電源を入れて、受信メッセージの問い合わせを行うと(実際には、自動化している人が多いです。)、初めて、そのメッセージを読み込むことができます。

 

電子メールは、どうして利用されるの?

相手先のメールアドレスさえ間違えなければ、確実にメッセージを届けることが可能です。

もしも、送信先のパソコン等の電源が入っていないときや、一時的にインターネットへの接続をやめているときでも、メールサービスを提供している各プロバイダの用意したメール受信サーバの中へ、受信したメールを保存することが可能です。

通信の秘密を守るため、自分宛に届いたメールを読み込むには、メールアドレスとパスワードの両方を知っている必要があります。

 

電話等での対応と異なり、電子メールの送受信は、その日時時間まで履歴として残りますので、連絡をしたかどうかが、後で問題になる可能性がありません。

また、重要な内容のメールであれば、受信した相手がそのメールを開いたことを知らせることを促すメッセージを、相手のパソコン画面に表示させることも可能です。

この表示は「メッセージの送信者は、開封確認を要求しています。開封確認のメッセージを送信しますか?」と表示されます。

 

メールサービスを提供しているプロバイダごとに、メールに添付できるデータ容量はことなりますが、たとえば取引先にメッセージと一緒に必要な資料を添付した電子メールを送信することが一般的です。

万が一を考えて、間違った相手に送信しても添付した資料を空けることができないようにするため、添付した資料自体も暗号化する方法がおすすめです。

 

電子メールは将来どうなるの?

これからも、電子メールの利用は継続されると思われます。

使用方法としては、電子メール用のアプリケーションを利用する方式から、ウェブブラウザを利用して専用のシステム画面を利用する方式へと変わることが予想されます

その方が、セキュリティ上のトラブルを防ぐ効果が高いからです

 

最新のセキュリティ対策をおこなっているウェブページであれば安全にメッセージを送信することができますし、そのページのレイアウトによっては間違った相手先へメッセージを送信することを防ぐことも可能です。

過去に発生したコンピュータウィルスは、電子メールを送受信するかたちで、拡散したものが多数存在します。

どのようなかたちで利用するにしても、セキュリティ対策には、万全を期す必要があるのは今後もかわりません。