電波で脈拍や呼吸を計測できる「Vital-Radio」は非接触型センサ

体に接触させたセンサーによって、脈拍や呼吸を検知する方式の機器が最近流行っているようです。

なかには腕時計型のものや、トレニングウェアに内蔵しているようなものまで登場しています。ところが接触すら必要としない方式のセンサーがあるそうです。

接触せずに検知するには、どのような方法を使えば良いでしょうか?遠くからでも、対象となった人の健康状態を検知できる新技術に関する話題を紹介します。

Vital-Radioはどうやって計測する?

米国マサチューセッツ工科大学の研究者によって開発された技術「Vital-Radio」。

この技術を利用すると体にセンサーを触れさせることなく、脈拍や呼吸数を計測できます。しかも同時に3人のデータを収集できるという高い機能を備えています。

では、どのような方法でデータを収集しているでしょうか?実は一般的に利用されているWi-Fiルーターのような微弱な電波を発信して、その反射に要する時間を細かく分析する手法を使っています。

この方法によって人が呼吸時に動かす胸部のわずかな変化や、心臓の鼓動によってわずかに振動する皮膚の動きから、呼吸数と心拍数を検知できるという仕組みです。

検証結果によると、検査装置から1メートル以内に対象となる人がいる場合、脈拍では98.5パーセント、呼吸では99.3パーセントの精度ということです。

Vital-Radioを使ってなにをする?

検査対象から8メートル離れた状態でも、98パーセント程度の精度で脈拍数と呼吸数を検知できるこの技術。

さらに驚くことに、壁を隔てた場合でも90パーセント以上の精度を維持するとのことです。ただし最近流行の腕時計型スマートウォッチのように運動中の脈拍、心拍を検知する手段には向いていません。

また部屋のなかにいるペットの脈拍、心拍を同時に測定する可能性もあります(数値を見ればペットと人間は区別可能)。

将来的には多数の分野で利用される可能性が高い新技術と言えるでしょう。ベッドに寝ている高齢者や幼児の脈拍や心拍を離れた場所からでも検知できるというだけでも、非常に助かる検査技術です。

未来の住宅では、壁から発信された電波によって、家族の健康状態が自動的にモニターできるようになるかも知れません。

ついでにWi-Fiルーターと一体化した製品が開発されれば、ユーザーには一番喜ばれるでしょう。

Vital-Radioはホームドクター

自宅に設置するWi-Fiルーター兼用のスマート健康管理センサーとでも表現できるような製品が、近い将来に登場するかも知れません。

これほど素晴らしい技術を開発したマサチューセッツ工科大学の研究者には、どれほど賛辞を贈っても足りないと思います。

後はこのVital-Radio技術を利用した製品が、一般的に提供される日を待つだけです。壁越しになかにいる人の状態が検知できるとなれば、どうしても犯罪捜査や人命救助に利用される状況を想定してしまいます。

高い検知能力を必要とする機器の開発には、確かに役立ちそうな一面を持っているVital-Radio技術です。