Android WearをiPhoneに接続。そんなアプリ「WearADay」が登場

登場したばかりのコンピューター製品が高価になることは避けられませんが、同等の機能を持っている製品が存在している場合もあります。

ところが製品が使用しているOSによる壁が存在している現状。

スマートウォッチにも存在するその壁を乗り越えることができるアプリ「WearADay」を紹介します。

WearADayがあれば、Android WearをiPhoneへ接続可能

iPhoneなどのiOSを搭載したモバイル端末向けにApp Storeから提供されている「WearADay」というアプリをインストールすれば、Google社のスマートウォッチ用OS「Android Wear」を利用しているスマートウォッチと接続できます。

簡単なペアリング動作を行えば、iOS端末で受け取った各アプリの通知をそのスマートウォッチで閲覧可能。

iPhoneにきた不在着信を転送するようなこともできます。

設定にはすでにスマートウォッチとペアリングしたAndroid端末が必要となりますが、最終的にはOSの異なる2台のモバイル端末と、スマートウォッチを同時に連携させることが可能です。

iPhoneとのペアリングは、インストールしたWearADayアプリを起動してスマートウォッチを検索。

検知したら画面上のアイコンをタップして、スマートウォッチ側で表示されるコードをiPhone側で入力すれば完了します。

WearADay公式サイト http://www.wearaday.com/

WearADayがあれば、OSの壁も関係なし

販売が開始されたばかりの高価なApple Watchではなく、Android Wearに対応したスマートウォッチとiPhoneを接続できる点がポイントです。

現在Android OSとiOSに対応したモバイル端末を持っている人が、Android Wear対応のスマートウォッチを購入するような場合にはこのアプリの利用を検討する余地があるでしょう。

ただしiPhone用のアプリはApp Storeの審査を経て公開されています。ところがAndroid端末へインストールするWearADayアプリの方は、直接海外(中国語表示)のWebサイトからインストールする必要がある点が多少不安な要素となります。

しかしアイディアとして素晴らしいものであることは間違いありません。Apple Watchと同じ機能を提供している安価なスマートウォッチがあれば、そちらに興味をひかれるのは当然です。

WearADayのようなアプリが必要

今回紹介したようなアプリの開発は、OSによる壁を乗り越えることができる素晴らしい挑戦です。これからもOSによる制限という障害は無くならないかも知れません。それでもその壁に挑戦する企業が出てくれば、少ない出費で新しい機能を利用できる環境が整えられていくでしょう。

そのためにも、全ての追加アプリがセキュリティ面での問題がないことを確認した上で提供されるような時代の到来が待たれます。

安全にアプリをインストールできる環境が整えば、アプリを開発している企業の受ける利益も増加していきます。結局は、厳しい審査基準が売り上げアップにつながるということです。