2015年5月からSIMロック解除が義務化。iPhoneのSIMロックはどうなる?

これまでiPhoneに関しては、SIMロックの解除に対応していなかった各通信キャリア。

そのなかでもNTTドコモは、今後販売される次期新型iPhoneのSIMロック解除に対応する予定であることを発表しました。

そしてSIMロックの解除に対応すると同時に、これまでとは異なる制限を追加したというニュースを解説します。

iPhoneとSIMロック解除義務化の関係

SIMロックに対応する機種は、あくまで今年の秋頃に発表されると思われる新型のiPhoneになります。

残念ながら、すでに提供されている機種(iPhone 6/6 Plusなど)のSIMロック解除には今後も応じないようです。

他の通信キャリアであるKDDI(au)とソフトバンクモバイルは特にiPhoneのSIMロック解除について発表を行っていません。

そしてこれまでもよりも要件が厳しくなった部分が、SIMロック解除までの期間です。

これまではSIMロック解除に対応した機種であれば、購入直後でも解除が可能でした。ところが2015年5月以降に販売される機種では、購入後6ヶ月(180日)経過しなければ解除に対応しなくなりました。

この部分はドコモ、au共通ですが、ソフトバンクモバイルは対象となる端末の販売前に発表するとのことです。

SIMロック解除を義務化しても変わらない?

iPhoneのSIMロック解除について、今後の対応を明確にしていないKDDI(au)と、ソフトバンクモバイルですが、おそらくはKDDI(au)と同じような対応になると思われます。

現在手元にあるiPhoneのSIMロック解除に対応すると、次期新型iPhoneの売り上げにどうしても影響してしまいます。

そのため、すでに販売されているiPhoneのSIMロック解除に応じることは、今後も期待できそうにありません。

さらにドコモ、auが購入後6ヶ月間の待機期間を設けたことは、NTTドコモ以外のユーザーには影響しそうです。

現在格安のモバイル通信サービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)のほとんどが、NTTドコモの回線をレンタルしているという現状があります。これまでのように、端末を購入してすぐにSIMロックを解除して、MVNOのSIMカードへ入れ替えるというような方法が困難となるからです。

SIMロック解除の影響はいつ頃?

実際にSIMロック解除の義務化によって影響が出るのは、2015年の9月前後に販売が開始される新型iPhoneをNTTドコモ以外で購入した人が、SIMロックを解除できるようになる時期です。

来年2016年の春以降には、MVNOの提供している格安SIMサービスへ申込むiPhoneユーザーが増えるかも知れません。

旧型のiPhoneでもNTTドコモから販売されたものを中古で購入するか、SIMフリー版のiPhoneをAppleストアで購入すれば、すぐにドコモ回線を使用している格安のSIMカードが使えます。

家族の全員が特定の通信キャリアで契約しているなどの事情がなければ、NTTドコモでiPhoneを購入すると、選択の幅が最も広くなるでしょう。

もちろん6ヶ月以内にSIMロックを解除する必要がなれば、どの通信キャリアであっても大差はありません。