業界初!MacのDTCP-IP対応プレーヤー「StationTV Link」

同じ部屋にあるテレビの音をBGMにしながら、パソコンで仕事をしている人はいるでしょうか?

録画した番組を観るために、テレビのある別の部屋に移動する人もいるでしょう。

テレビの存在が重要なものであればあるほど、お勧めできるアプリがピクセラ社の「StationTV Link」です。今回、このアプリがMacにも対応したという話題を紹介します。

StationTV Linkを利用したMacでの視聴とは?

StationTV Linkは、日本のピクセラ社が提供しているアプリケーションです。

パソコンと同じネットワークに接続されているレコーダーによって録画されたテレビ番組を、パソコンの画面で視聴するために利用されます。

最新のMacintosh OSにも対応したことで(Yosemite、Mavericksに対応)、Macユーザーにも録画したテレビ番組を視聴できる環境が整いました。

このように専用のアプリが必要となる背景には、著作権者の保護という観点から録画番組に施された制限の存在があります。

これは一定の規格(DTCP-IP)に対応したアプリのみが録画したテレビ番組を再生できるようにしているものであり、今回紹介したアプリは最新のMac OS(Yosemite)に対応した初めての製品です。

ただし対応しているMacintosh製品には一定の制限があるようです。このアプリの体験版をダウンロードして、試用した後で購入した方が良いでしょう(体験版は、5分間だけ視聴できます。)。

StationTV Linkを提供しているピクセラ社

ピクセラ社は、これまでも映像関係のアプリと録画機器の開発と販売で知られている企業です。

大阪のなんばのパークスタワーに本社を置き、一時期は倒産しかかっていましたが最近になって少しずつ持ち返しています。ファブレスメーカーで大手メーカーへのOEM開発なども行っていますが、ユニークな自社オリジナル商品を販売していることでも有名です。

元々は堺市で小さなシステム開発会社としてスタートしましたが、今ではかなりの規模を誇る企業になりました。残業時間が1分単位でつけれるなど従業員に比較的優しい会社でしたが、それゆえに前述のようにピンチになったこともあります。

ネットワークに対応したテレビチューナーの分野では多数の製品を提供している同社は、以前からMacに対応した製品の開発を行ってきた存在として知られていました。

今回紹介したStationTV LinkというアプリはMacにインストールして起動すれば、自動的にネットワークに接続された対応機器に保存されている録画番組の一覧を表示してくれます。

特に検索を指示する必要もなく、アプリを起動するだけという簡単設計です。

このアプリに対応している録画機器の一覧が公式サイトにありますから、現在設置している録画機器がそのなかに含まれていることを事前に確認してください。

もう一点、このアプリはあくまで視聴用であるため、録画予約などの機能は用意していません。

ピクセラ 公式サイト http://www.pixela.co.jp/

StationTV Linkは、今後の視聴方法を変える?

仕事の合間にテレビの前に移動して録画番組を観るという形態では、なかなか時間が取れない人にとっては、このようなアプリの存在は気になるところでしょう。

パソコンの前にいながら、簡単に録画番組や現在放送されている番組を視聴できるという新しいスタイルはどうでしょうか?

新しくテレビを買うよりは、このアプリを購入した方がよほど楽しめそうな気がします。

再生画面を小さくして端の方へ移動すれば、他の作業をしながら同時に番組を観ることも可能です。このアプリが、これからのテレビ番組の視聴方法自体を大きく変える存在になるかも知れません。