モバイルお買い物だけではありません。送金も依頼できるのがLINE Pay

すでにほとんどのスマートフォンユーザーが利用していると思われる無料通信アプリ「LINE」。

多数の新サービスが追加されてきたこのアプリ、簡単に商品の代金を決済できる機能が最近追加されました。

必ずしもクレジットカードなどを登録する必要がない新サービスには、どのような可能性があるのかを解説します。

LINE Payとは一体なに?

LINE Payとは、無料通信アプリとしておなじみの「LINE」に昨年追加された機能です。

チャージした金額に見合ったお買い物ができる点では、すでに存在しているプリベイドサービスと変わりません。

ところが「LINE Pay」では、従来の類似サービスとは全く異なる利用方法を提供しています。例えばお互いの銀行口座を知らなくても、お金を送金できる機能です。

その他にも選択したメンバーに対して、一緒に食事した際の費用などを割り勘にして送金を依頼できるというユニークな機能も用意されています。

最初にチャージする方法は提携している銀行の口座やPay-easy(ペイジー)から行う方法と、コンビニ支払によって行う方法があります。

サービス開始から日が浅いため、提携している銀行は2行(三井住友銀行とみずほ銀行)のみですが、将来的には追加されると思われます。

LINE Payのセキュリティの仕組み

簡単に送金できるとなるとセキュリティの面で不安を感じる人もいるでしょう。

しかしチャージした「LINE CASH」を使って買い物をする場合を除いて、提供されているサービスを利用する前に本人確認を行いますから、心配する必要はありません。

なぜなら提携した銀行を経由してチャージしない限りは、身分証明書を撮影してLINEアプリ経由で送信して本人認証を受ける必要があるからです。

この手順を経なければ、送金や割り勘などの機能は利用できません。本認認証を済ませて送金や割り勘の機能に対応できるようになったLINE CASHは「LINE Money」と呼ばれます。

また送金を受けた場合も、この本人認証に関するルールが適用されます。そのため誰かのスマートフォンを手に入れた人が、送金されてきたお金を現金として受け取ることは困難です。

LINE Payの仕組みから考えるその狙い

実は複数のサービスのなかで、唯一有料化されている部分が、送金されたLINE Moneyを銀行口座へ振り込む際に必要となる手数料(税込216円)です。

これは現金化よりも、LINE CASH、LINE Moneyの状態でLINE Mall、LINE STOREなどの提携サービスを利用する方向に誘導したいということでしょう。

この仮想マネー(LINE CASH、LINE Money)をLINEの他のサービスで利用するユーザーがいなければ、このような決済サービスを無料で提供する意味がありません。

確かに現金化するよりも色々な商品をお得な価格で購入したり、ポイントを獲得したりできる方がお得感が大きいかも知れません。

単なる無料通話アプリであったLINEも、多数の機能を追加して巨大な市場を形成しつつあるようです。これは簡易で無料の通信手段とリンクした新サービスを次々と導入するという戦略が成功した結果です。