エレコム製のWRH-300CRがあればホテルでもNASネットワーク

今後販売される通信機器も、この製品のようにコンパクト化が進むと思われます。

それはWi-Fi環境をそのまま持ち運ぶことが可能になれば、その製品のユーザーは多くのメリット受けることができるという事情があるからです。

それほど印象に残るエレコム製「WRH-300CR」は現在3500円程度の価格で販売されています。

WRH-300CRが提供するネットワーク環境とは?

USBケーブルで給電できる超小型のWi-FiルーターであるWRH-300CRは、コンパクトであっても宅内に設置する通常タイプの製品と同じ機能を搭載しています。

有線LANケーブルでインターネット回線へ接続すれば、外出先であっても簡単にWi-Fi環境ができあがります。

またカードリーダーとUSB端子を内蔵していますから、ここへ差し込んだSDカードや、USB対応のHDDなどに保管されたデータを共有できるように設計されています。

電源はUSBケーブル経由で、パソコンや別売の電源供給アダプターから供給できます。

さらに「子機モード」へ切り替えることによって、有線LANポートしか付いていない通信機器をWi-Fi環境で利用できるようにする機能も搭載。

まさに必要な通信機能をすべて内蔵した超小型ルーターです。対応しているWi-Fi規格は「IEEE802.11b/g/n」となります。

WRH-300CRならポケットの中でも格納可能

この製品のもっとも大きな特徴は、その大きさでしょう。

幅24ミリ、奥行き65ミリ、高さ18ミリ、そして重さがわずか25グラムというように、ポケットに入れておいても気にならないほどのコンパクト化に成功しています。

この製品の設定方法は通常のルーターとほとんど同じ方法(Web画面から設定可能)です。また設定用の専用アプリも提供されています。

「PPPoE」「DHCP」「固定IP」などおなじみの設定項目が用意されていますから、これまで一般的なルーター製品で接続設定の経験があれば困らないでしょう。

この製品を自宅でもWi-Fiルーターとして使用するのはどうでしょうか?確かに外出時に持ち出せば、自宅ではWi-Fi環境が利用できなくなりますが、逆にセキュリティ対策としては有効でしょう。

他の人がWi-Fi対応機器を使用していない限り、無人の場所で電波信号を常に発信する必要はないからです。

WRH-300CRから考えるこれからの通信環境

この製品が、これまでの無線ルーターに対する認識を、大きく変えることは間違いないでしょう。

これまでもLTEなどのモバイル回線に接続できるタイプのWi-Fiルーターは存在していました。ただしそのような製品では有線LANケーブルを使用して、他のインターネット回線へ接続する機能は提供していません。そしてモバイル回線の利用料金を別に支払う必要があります。

それに対して今回紹介した製品では、例えば宿泊したホテルなどが提供しているインターネット回線を利用して、Wi-Fi環境を構築するような利用方法が可能です。

ホテルなどで提供されているWi-Fi用のアクセスポイントに比べると、自由にセキュリティレベルを設定できる点が安心できるところです。コンパクト化とセキュリティ対策という2つの要素が、今後の新製品のポイントになるでしょう。