ドコモの「dTVターミナル」があれば、どこでもTV視聴OK

映像配信のサービスは多数存在していますが、それぞれが独自の方法で提供されているようです。

自宅のテレビで視聴する可能性がある人は、当然ですがテレビでの視聴にも対応したサービスが望ましいでしょう。

これまでスマートファンやパソコン向けのサービスを展開していた「dビデオ」がブランド名を「dTV」へ変更すると同時に、テレビにも対応した格安のサービスをスタートするという話題を紹介します。

dTVターミナルは、ドコモユーザー以外も利用可能

エイベックス社とNTTドコモ社が合弁して設立した「エイベックス通信放送」が以前から提供している定額制ビデオ配信サービス(SVOD)の「dビデオ」が、4月22日より「dTV」とブランド名を変更します。

そして目玉商品として販売されるのが「dTVターミナル」です。

スマートファンやパソコンでの視聴者を対象としていたdビデオのサービスを発展させるために、新しく開発されたdTVターミナルは7538円(税込)で販売されます。

この機器さえあれば、月額料金500円(税抜)で国内外の映画、テレビ、BeeTVの番組約12万作品とdアニメストアの約1200作品が視聴できます。

NTTドコモが関係しているサービスですが、他社の携帯電話を契約していても申込みできます。

このサービスではスマートファンなどの端末で途中まで視聴している番組を、自宅のテレビに接続したdTVターミナルで続きから視聴できる機能を搭載しています。

dTVターミナルの戦略とは?

定額制ビデオ配信サービスとしては、すでに国内最大となる約460万人のユーザーが存在しているdビデオです。

ところが最近は新規ユーザーの加入数が伸び悩んでいたようです。そこで現在視聴に使用しているスマートファンやパソコン以外に、テレビでの視聴も視野に入れた新サービスの提供を、ブランド名の変更と同時に発表しました。

2014年の4月からは契約している携帯電話のキャリアに関係なく、ドコモIDの取得が可能となっています。

そのため現在のブランド(dビデオ)でも、ドコモユーザー以外が契約できるサービスとなっています。

今後はテレビに接続できるdTVターミナルの存在と、携帯キャリアに関係なく利用できるサービスであることを全面に押し出して、さらなる新規ユーザーの獲得を推し進めていくでしょう。

これまでは独自のコンテンツも同時に提供するという路線をとってきました。

その点は今後も継続するようで、例えば実写版の「進撃の巨人」をオリジナルドラマとして製作する予定です。

dTVターミナルがリードする映像配信

多数の動画配信サービスの中で生き残るには、単に低額のサービスを提供するだけでは足りません。

独自の視点で新しいサービスを次々にスタートする必要があります。その点では今回の決断は、現在のユーザーの要求を敏感に感じたものとして評価できます。

dTVターミナルに付いては、起動するとすぐに映画やドラマの予告編が自動再生されるような仕様になっているようです。

ユーザーは自動再生された中から、気に入った作品をすぐに視聴できるように工夫されています。

途中まで視聴していたコンテンツの続きを、別の端末(dTVターミナル、スマートファンなど)から視聴できる機能は、通勤などの時間帯に利用する人にはありがたいものとなりそうです。

今回の新サービス開始に合わせて、先着30万名に限ったキャンペーンも予定されています。

dTVターミナルは、4月22日から全国のドコモショップとオンラインショップで販売が開始されます。