近未来の自動車は48Vの電源システムを標準で搭載するかも?

乗用車といえば12V(ボルト)電源という常識が将来は変わるかも知れません。

それは電圧を上げることに多くのメリットが存在するからです。特に省エネ化が進み消費する燃料が少なくなるという話には興味を持つと思います。

さらに現在高額で販売されているハイブリッド・カーが、将来的には手頃な価格で販売される可能性があるという話にも関連しています。

なぜ電圧を上げることとハイブリッド・カーの価格が関係しているのかに付いて解説します。

48Vの電源システムとは?

排気ガスに対する規制強化の流れに対応する手段の1つである自動車の「マイルドハイブリッド化」に合わせて、よりその省エネ効果を高めることができるところから導入が検討されています。

現在乗用車の電源としては12Vのものが一般的です。それに対してフルハイブリッドと呼ばれている通常のハイブリッド・カーは非常に高い電圧を使っています。

現在48V電源の採用を検討しているのは「マイルドハイブリッド・カー」と呼ばれているタイプです。

このタイプはモーターだけでは車を駆動できません。あくまで始動時や加速時にエンジンの動きを補助して燃費を改善する仕組みです。

現在、自動車レースのF1(フォーミュラ1)で採用されている運動エネルギー回生システム「KERS(カーズ)」と同じ性質のシステムです。

省エネ効果はさらに高い電圧を電源にしているフルハイブリッドタイプに劣りますが、製造コストの面では優位に立ちます。

48Vの電源システムのメリット

ハイブリッドシステムにとって電圧は大変重要な要素です。モーターを駆動する電圧を上げると供給する電流を減らすことが可能となります。

電圧を上げることで回路を流れる電流の損失が減少するため、その分だけ電力消費量を減らして消費効率を上げることができます。

さらに電力を供給するケーブル(ハーネス)を細くして車両の重量を削減できます。

同時に12Vの電源システムも搭載すれば、48Vのシステムに問題が発生した場合でも昇圧して電源を供給できる可能性もあります。

現在48Vのシステムを開発しているアウディ社によると低温時の性能でも12Vよりも48Vが優れているとのことです。

同社では、現在48Vによる新しいエネルギー貯蔵技術の可能性を検討しているようです。

48Vの電源システムの可能性

何らかの形でモーターによって駆動を補助されたエンジンが、将来的には一般化する流れがあるようです。

これには排気ガス規制の厳格化という大きな動機があります。それ以外にも環境破壊の脅威という問題もあります。

すでにF1のようなレースの世界でも、エネルギーの効率的な利用が求められているのが現状です。

単に電圧を上げるだけで、かなりの効果が期待できる訳ですから、電源の48V化は積極的に進めるべき話でしょう。

フルハイブリッドの自動車よりも低コストで製造できるのが、マイルドハイブリッドタイプの自動車です。

販売数の増加によって、もしかしたら現在一般的なハイブリッド化していないタイプとの価格差が極端に縮まるかも知れません。

そうなれば、ますますマイルドハイブリッドタイプを購入する人の割合が高くなると予想されます。