Wi-Fi通信を阻害するノイズと障害回避に向けた対処法

目に見えないWi-Fi(ワイファイ)環境の世界では、まったく邪魔をされることなく電波信号がとんでいるのでしょうか?

その方が、安定したデータ通信にとっては、望ましい状態といえます。

しかし、空中を飛んでいるのは、我々の利用しているWi-Fi信号だけではありません。

 

多種多様な発生原因により、沢山の電波信号がとんでいるのが現状です。中には、大事なWi-Fiの電波信号に影響を与える信号も存在しています。

この記事では、Wi-Fi環境による安定した通信を妨げる存在である、各種の電波信号について話題にしています。

実際には、どのようなものが、行く手をはばんでいるのでしょうか?また、どうやったら、その影響を減らすことができるでしょうか?

 

Wi-Fi通信を阻害するノイズとは?

空中を飛び回っている各種の電波を分けるとすると、なんらかの目的のために、意図的に飛ばしているものと、そうではなく、単なる雑音(ノイズ)として飛んでいるものにわけることができます。

意図的に飛ばしているものならば、それを飛ばしている人の意思により、発信をやめることが可能です。

しかし、それを期待して待っている時間はありません。

 

Wi-Fiで通信を行う際に利用している周波数帯は、おおよそ二つにわかれます。

Wi-Fiの規格でいうと「802.11b、g」で使用している、2.4GHz帯と、「802.11a、ac」で使用している5GHz帯です。

特に、意図せずに飛ばしている空中のノイズと同じ周波数帯を使用している「802.11b、g」は、その影響を受けやすい、といえます。

具体的なノイズの原因としては、電子レンジや、コードレス電話、Bluetooth(ブルートゥース、無線を利用した規格の一つで、極近距離での通信をおこないます。)等が存在します。

 

また、意図していないノイズ以外にも、近所で利用している無線ルータ等の無線機器から発信されているWi-Fi用の電波信号が届いていれば、それからも影響を受けてしまいます。

ただし、この場合の影響は、Wi-Fiの機能のなかに、同じ周波数帯を利用するWi-Fi信号を検知したときは、お互いの情報を交互に通信させる仕組みが入っていますので、まったく通信ができなくなる可能性はありません。

 

802.11a、acの5GHz帯のススメと注意点

「802.11a、ac」で使用している5GHz帯は、同じ周波数帯を利用している無線機器と周波数帯が重なる可能性は当然ありますが、それ以外のノイズの影響をうける可能性が低いことと、無線通信の規格として採用されてから、年月があまり経過していないため、利用されている可能性がすくないことから「802.11b、g」から変更することにより、通信速度の向上が期待できることになります。

 

もちろん、無線親機と、それに無線LAN(Wi-Fi)で接続するパソコン等の機器の全てが、すくなくとも「802.11a」に対応している必要があります(「802.11ac」に対応していなくても互換性があるので大丈夫です。)。

最近の無線親機であれば、二つの周波数帯(2.4GHz帯と、5GHz帯)に両方に対応している機種もあり、その中には、同時に「802.11b、g、a、ac」のWi-Fi信号を発信できるタイプも存在します。

 

「802.11a、ac」でのWi-Fi環境は、ノイズの問題と、混線による速度低下の可能性が低くなる点では、おすすめですが、1点ばかり注意点があります。

それは、いままでよりも高い周波数帯を使用する無線規格であるため、障害物等により影響をうけやすくなります。

いままでも、信号レベルが低いため、ときどき通信が途切れていたような場所(無線親機から離れた場所、途中に壁や床がある場所)では、「802.11b、g」から「802.11a、ac」に変更すると、Wi-Fiを利用した通信が完全に止まってしまう可能性が高くなります。

 

複数の周波数帯(2.4GHz・5GHz帯)対応の無線親機がおすすめ

ここまでの記事の中でも書いたように、Wi-Fi環境の利用には、目に見えない障害が存在しています。

どうしても、現在のWi-Fi環境に満足できないときは、利用している無線親機や、その機器にWi-Fi環境によって接続しているパソコン等のそれぞれの仕様(特に対応しているWi-Fi信号の形式)を確認することをおすすめします。

 

周波数帯を変更するだけで、現在の通信機器や、パソコン等のそれぞれの場所を変更することなく、電波状態の改善ができれば、これほど良いことはありません。

おすすめとしては、すでに書いたように、複数の周波数帯(2.4GHz帯と、5GHz帯)に対応した無線親機を設置して、それぞれの周波数帯で、同時に二種類のWi-Fi信号を発信することです。