ご存じですか?3Dプリンターのハイブリッド化が進行中

3Dプリンターの存在自体はすでに珍しいものではありません。

現在の技術では購入者に直接渡せるレベルの製品をつくれる段階までもう少しという現状です。

ところが、その3Dプリンターにこれまで一般的に利用されてきた別の製造技術を合体させた製品が存在するようです。

2つの技術を合わせてハイブリッド化された製品は他の分野にも存在します。それでは3Dプリンターをハイブリッド化すると、どのようなメリットがあるでしょうか?

3Dプリンターのハイブリッド化とは?

開発段階での試作品を製作するには最適な存在である3Dプリンターに、細かな部分での正確な寸法や表面の滑らかさを実現できる切削加工(せっさくかこう)の機能を追加した製品を開発する動きがあります。

このような製品があれば設計図通りの精度で作られ、しかもなめらかな表面の加工品を生産できます。

そのまま納品しても問題がないレベルのものを作れるようになれば、どれだけ製造コストを削減できるでしょうか?

設計図さえあれば、どこの国の工場でも同じものが生産できるとなれば、高額な運送費を負担して商品を輸入する必要はなくなります。

現在ではこの考えをさらにすすめて、この2つの機能に加えて3Dスキャナーを搭載した製品さえ登場しています。

最初にサンプル品の状態を3Dスキャンして3Dデータを作成します。そして修正した3Dデータに基づいて、3Dプリンターと切削加工の機能を使って生産を完了します。

サンプル品さえ手に入れば、いくらでも同じものが大量加工できるということです。

ハイブリッド化によって恩恵を受けるのは?

これまではそれぞれの得意分野に限定して、それぞれの技術を利用してきました。

ある製品を開発する段階では3Dプリンターを使用して試作品を何度もつくり、設計図が完成したら今度は業者に頼んで最終的な製品を切削加工で完成させるという手順です。

ハイブリッド化した3Dプリンターであれば、試作品だけではなく、納品できるレベルの完成度の高い製品までを1つの機器で製造できます。

それだけ製造コストを抑えることができますし、新製品の開発に必要な時間を大幅に削減できるでしょう。

また製品を購入する側にも大きなメリットがあります。

それは製造業者との間に仲介業者が介在して商品の価格が上昇する場合には、ハイブリッド化された3Dプリンターを購入して、3Dデータのみを購入するという方法がとれるからです。

出来上がった商品を購入するよりは、よほどお得な買い物になるかも知れません。

ハイブリッド化した3Dプリンターの可能性

このような新しいタイプの製造機器を国家規模で導入した場合には、その効果は非常に大きなものとなります。

これまで他の国から輸入していた製品のうち、自国の技術では生産できなかったものをハイブリッド化した3Dプリンターで簡単に製造できるようになったらどうでしょうか?

他の国に対する貿易赤字の解消にも貢献するでしょう。最終的には、地球規模で存在している貧富の差も解消される可能性があると思います。

他の国から3Dプリンターの操作方法さえ習得すれば、全ての国が先進国と同じレベルの工業製品を利用できるようになります。

製造される製品の中には危険物が含まれる可能性がある点は気になります。これには3Dデータの保管を厳しく管理して対応する必要があるでしょう。

機能を追加して加工精度が工場した3Dプリンターが、これまでの製造業の常識を破壊するだけの可能性を秘めていることは間違いないようです。