複数端末からインターネット接続できない場合の無線ルータの設定

本来は、同時に複数のパソコン等を接続することができるのが、無線ルータのもっとも大事な機能です。

しかし、どうしても1台の通信端末しか接続できないことがあります。どうしてでしょうか?

無線ルータの特徴でもある、複数の通信端末からデータ通信を同時に利用できるルータ機能も、最近は、通信業者が設置する通信機器に内蔵されていることがよくあります。

 

そのため、無線ルータの設定がルータ機能を使用しない設定になっていても、そのまま複数の端末からの通信が可能となります。

この記事では、それまでの環境から、別の通信環境に変更したときや、購入した直後の無線ルータを設置するときなどに、複数の端末からのインターネット利用等のデータ通信がどうしてもできない場合を想定して、その対応のヒントになるような確認ポイントを紹介しています。

 

Wi-Fiの親機は、どれですか?

通信回線の契約をすると、開通工事をおこなった業者が、通信機器を設置するのが通常です。

マンション等であれば、宅配便で届いた通信機器を自分で取り付けるような方法もあるでしょう。

そして、その後ろにとりつけて、Wi-Fiに対応した通信端末や、有線に対応したパソコン等を同時に利用することを可能にするのが、無線ルータです。

 

今回は、通信会社が設置した通信機器自体がWi-Fiの電波信号を発信するタイプであるときをのぞいて、話をすすめます。

しかし、Wi-Fiに対応した通信機器の後ろに、購入した無線ルータを接続することもありえますので、そのような接続形態で通信障害が発生したときは、この記事の内容が関係してきます。

 

無線ルータの機能は、簡単に変更することができます。

新品で購入した無線ルータの設定が、最初から複数台の通信端末の同時利用を不可能にする設定になっていることは、通常、考えづらい状況ですが、その機器の後ろ側のスイッチを、それと知らずに切り替える可能性はあります。

 

Wi-Fiの親機は設定で変更できます

無線ルータについているスイッチのうち「ルータ(ROUTER)」⇔「ブリッジ(BR)」と記載のあるものが、実は大変重要な意味をもっています。

通信会社の設置した機器がルータ機能をもっている場合は、このスイッチは「ブリッジ(BR)」側へ切り替えるのが基本です。

ただし、「ルータ(ROUTER)」の側にしても、かならず通信に問題が発生するわけではありません(問題が起こる可能性もあります。)。

この切り替え方法がよくわからないときは、付属の取扱説明書を確認して下さい。

 

問題は、通信会社の設置した機器が、複数の通信端末を接続することができる「ルータ機能」をもっていないときです。

この場合は、その機器の後ろに接続した無線ルータのスイッチをかならず「ルータ(ROUTER)」側に切り替える必要があります。

こうしないと、一度に複数の通信端末をWi-Fi接続して、同時にインターネットを利用することができません。

当然、有線接続でも同様です。最初に接続できた1台のみがデータ通信をおこなうことができます。

 

マンション等で利用する通信機器や、ケーブルテレビのインターネット専用コースで利用する機器は、ルータ機能をもっていない可能性があります。

その場合は、無線ルータの設定を確認すれば、同時に1台しかインターネットへ接続できない状態を解消することができます。

上記のスイッチの切り替えをおこなったときは、無線親機と、その前にあるおおもとの通信機器の電源を切ってから、再度入れ直して下さい。

入れ直してから、一分程度経過した後で、通信の状態を確認して下さい。

 

その他の事象と解決方法

今回は、パソコン等の複数の通信端末が同時に通信することができない場合の対応方法ですが、すべての端末がインターネットへ接続できない場合は、単に配線を間違っている可能性があります。

おおもとの通信機器と、無線ルータの「WAN(または、INTERNET、インターネット)」と表示のある差し込み口の間を、有線ケーブルで接続する必要があります。

 

これで、Wi-Fi環境と、有線LAN(ラン)環境のどちらを利用しても、複数のパソコン等からインターネットへ接続することが可能となります。

最後に、無線親機に「ルータ(ROUTER)」と表示のあるスイッチがなくて、しかも取扱説明書にも、ルータモードへの切り替え方法が記載されていないときは、間違って「Wi-Fi(無線)アクセスポイント」を購入した可能性があります。

これは、ルータ機能をもっていないタイプのWi-Fi用機器です。

おおもとの通信機器にルータ機能があるときに使用する、Wi-Fi用の機器です。