クラウドサービスを利用する監視カメラ「SpotCam HD」

大きな屋敷に付いている監視カメラが我が家にもあったらというセリフは、どうやら過去のものとなりそうです。

高額の費用を用意しなくても安全な日々を過ごすことができる時代は、もうやって来ています。

それには通信技術の向上と高機能なWebカメラを低コストで製造できる技術の開発が必要でした。そのような要件を満たしているWebカメラを紹介します。

SpotCam HDとは?

台湾のSpotCam社が製造しているwi-fi接続に対応したWebカメラです。

特徴としては、同社の提供しているサーバーを動画の保存場所にしている点を挙げることができます。

これによって、ユーザーのパソコンなどの記憶領域に負担をかける必要がなくなりました。

またインターネットを利用できる環境であれば、複数の通信端末から監視映像を見ることができます。

常時リアルタイムで監視する場合には月額料金は不要です。また1日分の監視映像を録画するところまでは無料である点も、ユーザーにとっては喜ばしいことです。

その他にも高度な機能が搭載されています。例えば暗い場所でも監視できる暗視モードはどうでしょうか?これは赤外線を出すLEDをカメラに搭載して実現した機能です。

マイクを搭載しているため、カメラの前にいる人と話すことができる機能。何かの動きや音を検知するとメール、アプリで通知する機能などもあります。

SpotCam HDで監視するメリットは?

以上のように高い機能を搭載しているWebカメラが、2万円前後で販売されています。

野外で雨にぬれる可能性がある場所には、防水性を高めた「SpotCam HD Pro」が4千円程度高い価格で提供されています。

この程度の金額でこれだけ高機能なWebカメラが提供される時代になったことは、誰でも簡単にWebカメラで監視できる時代が到来したことを示しているようです。

これまでは監視映像を自宅のパソコンに保存する形態が一般的でした。その点でもクラウド上に映像を録画するシステムは、新しい監視サービスの形態として評価して良いでしょう。

1日分であれば無料で映像を録画できる点にも注目です。例えば店舗が休みの日だけは監視映像を録画するというような対応が可能となります。店舗などの防犯対策以外にも、幼児や病人の監視などの分野でも十分利用できるだけの性能を持っています。

SpotCam HDで実現できる安心

技術の進歩と低額なインターネット回線の提供によって、以前に比べればわずかな費用で高機能なセキュリティ・サービスを提供できる環境が整っています。

一部のお金持ちだけが完全なセキュリティ対策によって守られていた時代は、終わりを迎えたようです。だれでも安心できる社会の実現は、そんなに先の話ではないかも知れません。

今回紹介したようなサービスの一般化が、犯罪自体を抑止する効果があることは言うまでもありません。

この程度の家なら監視カメラは設置していないだろうという常識が通用しなくなる訳です。

また怪しい動きや音だけでカメラ設置者に通知が届くシステムも、その効果を高めることになります。できれば、このように人の役に立つ分野で、コンピューターなどの進歩を役立ててほしいものです。