自販機の売上でバッファローITSの無料wi-fiを導入可能!

最近、自動販売機にwi-fiのマークが付いていることに気が付きませんか?

特に観光地などでは自動販売機をwi-fiサービスのアクセスポイントとして利用するケースが増えているようです。

そのようなサービスを提供するには、インターネットの回線を契約して通信機器を設置する必要があります。

この記事では、そのような費用を負担せずに、無料のwi-fiサービス提供できる方法を紹介します。

自動販売機と無料wi-fiサービスの関係とは?

バッファロー・IT・ソリューションズ(略称 バッファローITS)社と、キリンビバレッジ社が提携した新サービスが提供されています。

このサービスはキリンビバレッジ社から自動販売機を導入した事業者を対象にしています。

設置場所の状況を確認した上で、最大無料でバッファローITS社の運用しているwi-fiサービスを利用できる内容です。

売上金の一部をwi-fiサービスの運用に使うことで、wi-fiサービスを運用する費用の負担を減らすことを目的とした提携サービスとなります。

これまでは別々に対応する必要があった自動販売機とwi-fiサービス用通信機器の設置を、一度に行うことが可能です。

また無料wi-fiサービスの運用に必要となるインターネット回線の通信費用、工事費、さらにはwi-fiサービス自体の保守費用も最大で無料になるとくれば、詳細が気になる人もいるでしょう。

バッファローITS公式サイト http://buffalo-its.jp/

自動販売機と無料wi-fiサービスがタッグを組めば最強?

これまでもwi-fiサービスのプランを独自に提供してきたバッファローITSでは、他にもユニークなサービスを提案しています。

例えばアパート一棟をまるごとwi-fiアクセスポイント化するサービスがあります。

これはアパートの付加価値を高めることを希望しているオーナー向けのwi-fiサービスとなります。

特に単身者が入居する際のポイントとして、無料で利用できるインターネット回線の存在を挙げているという事情があります。

wi-fiサービスであれば各部屋に有線ケーブルを引く必要がありませんから、工事費用を抑えることもできます。

また自動販売機のwi-fi化と同じメリットとして、入居者が通信使用量による速度制限を受けることがない点を挙げることができます。

長時間ネットを利用している入居者にとっては大きなメリットとなるでしょう。

今後の無料wi-fiのあるべき姿とは?

今回紹介したサービスのように異なる分野の企業が提携して、wi-fiサービスの運用コストをできるだけ削減する試みが、今後増えることが予想されます。

今後の流れが無料wi-fiサービスの充実であることは知っていても大規模な設備のオーナーにとって、それに対応する際に必要となる莫大な費用の負担は頭の痛い問題です。

そのような問題を一気に解決するプランであれば、ビジネスモデルとしても大変有望であると言えます。

さらに自動販売機のwi-fi化には、災害発生時に通信アクセスの集中を防ぐ効果も期待できます。

これまでは携帯電話の回線に集中してしまう傾向がある災害時の安否連絡です。

それがインターネット回線を利用して通信を行うことで、大幅な遅延を防ぐことが可能となります。