中継機によりWi-Fiの通信速度を向上させる方法

ある程度の広さがある場所でWi-Fi(ワイファイ)環境を利用してインターネットへ接続していると、どうしても全ての場所で快適なWi-Fi環境を利用してインターネット接続、とはいかなくなります。

ある部屋にいくと問題のない通信速度でインターネットに接続できるのに、別の部屋にいくと、表示速度が遅くてイライラしてくる、といった状況です。

このような、家のどこにいるかで通信速度が変わる問題は多くの人を悩ませる話です。

 

しかし、「もう一つインターネット用の通信回線を契約するのはお金がもったいない!」、という方がほとんどだと思います。

この記事ではそんな方におすすめの情報をご紹介しています。

 

現在の問題を解決するために、現在使用している無線親機よりも強力な電波を発信するタイプの無線ルータを購入するのも、一つの方法です。

無線親機の設置場所が、建物に入ってすぐの場所であり、パソコン等のWi-Fi対応機器を利用するところが建物の一番奥や、2階であれば、強力な無線親機を設置してもWi-Fi信号が届かない可能性もあります。

そのような場合に、設置する無線親機の種類によっては、複数の無線親機を利用して、通常では電波信号の届かない場所へ、Wi-Fiの信号を中継することができます。

 

Wi-Fi信号を中継する機能を持っている無線機器

Wi-Fi信号を中継する機能を持っている無線機器は、無線機器を扱っている各メーカーから提供されています。

購入するさいの注意としては、親機との組み合わせによって、中継機として利用できるものと、そうでないものが存在することです。

 

まずは、現在利用している無線親機に対応した中継機が販売されているかを確認する必要があります。

その段階で、現在利用している機器に対応した中継機能をもつ無線機器が提供されていなければ、現在利用している無線親機では、中継機能を利用してWi-Fi信号を遠くまでとどけることができないことが確定します。

 

もしも、同じメーカー製の無線機器で、親機としても、中継機としても使用できる同じ型番の機器を同時に購入できれば、それが一番理想的です。

実は、全く同じメーカー製の無線機器であっても、型番がことなると、中継機能を利用することができないことがあります。

中継機設置時の注意点

無線親機と中継機の二つでWi-Fi環境を提供することができれば、建物のどこにいても快適なデータ通信をおこなうことができます。

機種によっては、中継機をさらにもう1台設置することができる機能さえ、もっているものがあります(例 バッファロー製、WZR-HP-G301NH等)。

 

中継機を設置した効果をさらに高めるために、最初に設置されている無線親機の場所を移動できれば、その方がWi-Fi環境を快適にできます。

例えば、建物のはしの方に設置している無線親機の場所を、すこしでも建物の中央付近に移動して、おおもとの通信機器との間は、有線ケーブルをのばして接続することができれば、さらに全体としての電波レベルが向上します。

 

設置された無線親機と、中継機の両方からWi-Fi信号が発信されますので、パソコン等の近くにある機器から発信されるWi-Fi信号へ接続するほうが、通信速度の面では有利です。

それぞれの機器から発信するWi-Fi信号の「SSID」にどちらの機器から発信されたかがわかるような表示をすれば、場所を移動するときには、別の電波信号を選んで、接続先を変更することができます。

もっとも、接続先のWi-Fi対応機器を自動で変更する機能を搭載している無線機器も存在します。この場合は、SSIDは一つになります(例 NEC製 WG1800HP)。

 

中継機能を利用する場合は親機の電波出力レベルが重要

これまでの説明で、中継機能のおおよその意味を理解することができたでしょうか?

実際に、これから無線機器の中継機能の利用を検討するときは、無線親機と中継機の相性を最初に確認することをおすすめします。

店頭で販売している無線機器のなかには、もしかしたら無線親機と中継機がセットになって、お得な価格で販売しているものがあるかもしれません。

 

中継機能を利用する場合でも、やはり親機の電波出力レベルは重要です。

これが弱いと、中継機に届けられるデータの通信量がすくなくなってしまいます。

できれば、親機は、少し高価にはなりますが、ハイパワーと表示されたタイプの無線親機を選択することをおすすめします。

上記にも書きましたが、無線親機の場所等も含めたすべての条件を整える方が、中継機を設置した効果をより体感できることになると思います。