Fonera miniはFONとワイヤレスゲートのwi-fi強化策

多数のwi-fiスポットが提供されている現状でも、それを利用するために何らかの契約を必要とする場合が多いようです。

その中でも専用のルーターを設置したユーザーであれば、世界中に存在しているwi-fiスポットを、相互に利用できるというユニークなサービスが「FON(フォン)」です。

今回、このFONが日本の通信業者と提携して、利用できるwi-fiスポットの数をさらに増やしました。

格安でスマートファンからモバイル回線を利用できるSIMカードのサービスを契約した人に提供される、FONの新サービスを紹介します。

FONとワイヤレスゲートがタッグを組む意味は?

これまでも世界中で無料のwi-fiサービスを展開してきたFON社ですが、その提供方法はかなりユニークなものです。

それは自社の提供しているwi-fiルーターを購入したユーザー同士が、自分の契約したインターネット回線を提供するというものです。

その結果として全世界に膨大な数の無料wi-fiスポットを設置できました。

現在では約1400万ヶ所(日本国内では約100万ヶ所)の無料wi-fiスポットを保有しているFONと、日本国内で4万ヶ所のwi-fiスポットを提供しているワイヤレスゲート社が今回提携しました。

3月19日の記者会見によると今後東京オリンピックの開催される2020年までに、日本国内でさらに20万ヶ所のwi-fiスポットを追加する予定とのことです。

Fonera miniを利用するメリット

税抜価格5000円前後で販売されているFONルーターである「Fonera mini(フォネラ ミニ)」を購入して自宅に設置して「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIM」カードを契約すれば、この2つの通信業者が提供している全てのwi-fiスポットを利用できる仕組みとなっています。

このSIMカードを利用するには最低でも月額料金445円(税抜)を支払う必要があります。

ただし、このプランではモバイル回線が低速(250kbps)であるため、外出先で高速のLTE回線を利用するためには、少なくとも月額852円(税抜)のプランを選択すべきです。モバイル回線はNTTドコモのLTE、および3Gの回線をレンタルしたものを提供しています。

ワイヤレスゲート 公式サイト:http://www.wirelessgate.co.jp/index.html

Fonera miniが提供するwi-fiサービスの可能性

現在格安で提供されているSIMカードのサービスと無料で利用できるwi-fiスポットのサービスを組み合わせているところが、今回はじまった新サービスの特徴です。

現在国内で提供されているFONのwi-fiスポットが約100万ヶ所、ワイヤレスゲートのものが約4万ヶ所です。

さらに今後も20万ヶ所追加されるとなると、検討の余地はあるでしょう。

特にドコモから購入したスマートファンやSIMロックされていない端末を持っている人には、気になるサービとなりそうです。

一部のプロバイダがインターネット回線にFONルーターを接続して、不特定の人が回線を利用することを規約の上で禁止していることがあります。

その点だけは事前に確認した上で、FONルーターを設置する必要があります。

各プロバイダの公式サイトからQ&Aのコーナーを確認すれば、FONのサービスに対する見解が表示されていると思います。