Windows 8の仮想環境Hyper-Vとは?

1つのツールで2つのことができれば、そのツールの価値は2倍になります。

それが高価なツールであればあるほど、喜ばしい状況となります。コンピューターの世界でも、1台で2台分の使い方をする方法があります。

それは昔から知られていた仮想環境を構築する方法です。実際にどのような仕組みで提供されているかについて、Windows 8の仮想環境を例にして解説します。

Hyper-Vの機能とは?

Hyper-Vの機能とは、米国のMicrosoft社が提供しているWindows 8をインストールした1台のパソコン上で、複数のOSを起動できる仮想環境を構築する機能です。

これまでは Windows Serverにだけ搭載されていた機能でしたがWindows 8 ProおよびWindows 8 Enterpriseのx64版(64bit版)には搭載されています。

実はWindows 7までは「Virtual PC」という類似の機能を持っているプログラムが採用されていました。

もともと他社で提供されていたVirtual PCを仮想環境として採用し、その間にMicrosoft社で開発した仮想化機能が「Hyper-V」ということです。Virtual PCでは、そのパソコンを起動しているOS(ホストOS)とは別に仮想環境を構築して、そのなかで他のOS(ゲストOS)を起動していました。それに対してHyper-Vでは、ホストOSを含めた全てのOSが「ハイパーバイザー」と呼ばれるプログラムが構築した仮想環境のなかで起動します。

Hyper-Vを利用できるメリット

ハイパーバイザーが存在することによって、ゲストOSが動作する効率を上げることが可能となります。

これは本来仮想的に構築されるデバイスによって対応すべき処理やメモリ管理を、ハイパーバイザーが担当することによって得るメリットです。

ハイパーバイザーを利用しない仮想環境では、ゲストOSが実在するコンピューター内のOSとして作動するため、本来不要なハード的な処理を行い、コンピューター全体に大きな負担をかけることになります。

ハイパーバイザーが存在することで、無駄な処理をする必要がなくなる点をメリットして挙げることができます。このHyper-Vの機能は標準では無効化されていますから、Windows 8の設定項目から「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効かまたは無効化」を開いて関連したモジュールを読み込む必要があります。そのパソコン自体がこの機能に対応していない場合は、Hyper-Vに関係するチェックボックスがオンになりません。

Hyper-Vで広がる可能性

もちろんゲストOSのインストールディスクが必要になります。以前利用していたパソコンに付属していたCDがあれば、それを利用することが可能です。

Windows XP以降のOSをインストールできますが、できればサポートが完全に終わっていないWindows 7あたりをインストールすることをお勧めします。他には「Linux OS」にも対応しています。1台のパソコンで複数のOSを起動しているという事実だけでも感動できる人は、一度試してみてはどうでしょうか?

例えばWindows 8より古いOSでなければ利用できないソフトウェアを利用することができます。仕事用とプライベート用で、2つのOSを使い分けるような利用方法もあります。

セキュリティ対策としては、かなり有効な利用方法です。OSごとにセキュリティ対策ソフトをインストールする必要はあります。しかし最近は複数のOSにインストールできるタイプの製品が一般的に販売されていますから問題はないでしょう。