システム内製化のメリット

これまで社内で対応していた作業を外部に発注することは、すでに当たり前のコスト削減方法です。

しかしそれに頼りきってしまうと、必要な何かを失う可能性があるかも知れません。それに気がついた企業では自社の担当者によって、それまで外注していた自社のシステム開発を行っているようです。

そのような対応によって、実際にどんなメリットがあるのかについて解説します。

システム内製化が、なぜ必要?

自社で利用するシステムの開発を外部の業者に任せずに、自社で雇用した担当者を中心とするメンバーに任せることを「システム内製」と呼んでいます。

企業の規模に関係なく、かなりの企業がこのシステム内製化に向かっているようです。できるだけ既成のパッケージソフトやクラウドのサービスによって、自社のシステムを運用する流れが定着しているとは言えないようです。

このような選択を行うには、もちろん理由があります。まずスピードを重視する必要があるシステムの開発の場合、外注方式では時間がかかり過ぎるきらいがあります。

これは毎回開発費に関する契約関係や、発注する仕事内容を確定させる必要があることなどが原因です。

企業の運営をコントロールする管理用システムであれば、多少の時間的余裕があるかも知れません。しかし営業関係のシステムであれば、少しでも早く開発しなければ、ライバル企業に負けてしまう可能性があります。

もともと内部で業務を担当してきた人であれば、業務の内容を細かく説明しなくても、そのシステムの目的をすぐに理解して早急に開発をスタートさせることが可能です。

システム内製化によるデメリットとは?

あるシステムの開発が終了すると、ひとまずシステム開発の担当者は不要となります。そのシステムの保守担当者は必要となりますが、多くの人数を必要としない場合が多いでしょう。

そうなると、雇用関係にあるシステム担当者の人件費をどうするのかという問題が発生します。この点だけはシステム開発を外注する手法のほうが良いかも知れません。

発展途中の企業であれば、すぐに別のシステムを開発する必要が発生するかも知れません。

しかし、そのような需要がない場合には開発したシステムの保守に、必要以上の人員で対応する必要が発生します。

グループ企業として、システム開発会社を設立する方法もあるでしょう。

しかし、そのような対応に要するコストを考慮しても、システム内製化にメリットを見出すことができるかどうかが、判断の分かれ道になりそうです。少しでも早くシステムを開発しなければ、業界の競争に勝てなくなるような状況であれば、いつでも呼べる用心棒がいるほうが良いでしょう。

システム内製化にも理由あり

どの企業にとっても、コストを削減することは非常に重要な目標です。

しかし臨機応変に対応できる有能な担当者まで削減したら、企業としての存続は厳しくなります。将来的に役に立つ人材かどうかの判断を行うことも、コスト削減と同じ程度に重要な作業となります。

外注に頼りきった場合に発生する「知識の空洞化」が、自社の将来にどのような影響を与えるのかを冷静に判断できる企業が生き残るでしょう。