Wi-Fiの親機とは?

いままで、無線LAN(Wi-Fi)の環境でインターネット等のデータ通信を経験していない人にとっては、初めて耳にすることになる、「無線LAN(ラン)」「無線ルータ」「Wi-Fi(ワイファイ)」等の耳慣れない言葉の洪水に疲れてしまうのではないでしょうか?

この記事では、そのようなWi-Fi初心者向けに「Wi-Fiの親機」とはなにか、ということをできるだけわかりやすく説明することを目的としています。

 

「親機」があるなら「子機」もありそうですが、もちろんあります。

しかし、最近のパソコン等の通信端末は、すでに最初から無線子機を内蔵している可能性が非常に高いので、子機を実際に目にすることはないかもしれません。

 

無線親機のことがわかれば、今後のトラブル発生時にも、どこにその原因があるのかを見つけることが容易になります。

有線ケーブルで接続している有線LAN環境とことなり、目で確認することができないWi-Fi環境の接続は、経験と知識にもとづいて、通信障害の原因をさがす必要があるところが、その特徴です。

 

無線親機って、簡単に言うとなに?

これまで、有線ケーブルを利用してインターネット等のデータ通信をおこなっていた状態からすると、その有線ケーブルの代わりに情報を運ぶのが、無線親機の役割です。

有線ケーブルの代わりに、データ通信の情報を電波に変換して、空中を経由して周りに発信しています。

このように通信情報を電波に変換して発信して、通信端末(パソコン等)と情報のやり取りをしている状態を無線LAN環境、またはWi-Fi(ワイファイ)環境とよびます。

 

Wi-Fi環境をつくるには、どうしても情報を電波信号に変換する機器が必要になります。

これが、無線親機と先ほどからよんでいるものです。商品名としては「無線ルータ(ルーター)」「Wi-Fiルータ」「モバイルWi-Fiルータ」「ポケットWi-Fiルータ」等の名称で、提供されているものが該当します。

電気店にいくと、たくさんの種類の無線親機が販売されています。

 

最近は、インターネットを利用するために回線契約をすると、通信会社が設置する通信機器(何種類かあります。)の中に、最初から無線親機の機能が入っていることがよくあります。

その場合は、別個に無線親機の類いを用意する必要は、ありません。

例外的に、内蔵されたWi-Fiの機能よりも、さらに高い機能(特に、遠くまでWi-Fiの信号を届けることができる機能)を必要とするときだけ、外付けで無線親機をつけることがあります。

 

無線親機のなにが大事?

各メーカーにより何種類のも無線親機が販売されていますが、機種ごとに、微妙な違いがあります。

例えば、無線親機と子機の内蔵されたパソコンを同じ部屋が使う場合とことなり、親機を1階に設置して、パソコン等の機器を2階で利用するならば、普通よりも強いWi-Fiの電波信号を発信するタイプが必要になります。

また、同時に複数のパソコン等をインターネットへ接続することを希望するなら、その機能(ルータ機能)が内蔵されている無線親機が必要になります。

 

一例ですが、通信会社が回線工事のときに設置した通信機器に、複数のパソコン等を同時利用できる機能が付いている場合と、その機能がついていない場合があります。

もしも、同時利用できる機能が内蔵されていない通信機器を設置した場合は、無線親機には、同時にインターネットへ接続できる機能(ルータ機能)が内蔵されていないと、家族それぞれが、同時にインターネットへ接続することができません。

目安としては、商品名に「ルータ(ルーター)」と表示がある商品なら大丈夫です。

 

現在では、将来の可能性を考えて、多少値段が高くなったとしても、高出力でWi-Fiの電波信号を発信できて、しかも「ルータ機能」が内蔵されている無線親機を購入することが、長い目でみれば、得なのかもしれません。

店頭の実際の価格帯でいうと、おおよそ1万円から、高くても1万5000円くらいが、適当なのではないでしょうか。

最新の機種にこだわる必要はないと思います。一つ前のシリーズのタイプでも、必要な機能をもっているのであれば、問題はありません。

 

無線親機を購入する前に

これから無線親機を購入する場合は、次の点に注意する必要があります。

まずは、設置場所と、パソコン等を実際に利用する場所がどのくらい離れているか等の設置環境です。

最新型の無線親機で、Wi-Fi信号の出力レベルが普通の強さであるものより、値段がやすくても、高出力タイプの旧型タイプが安価で販売されているときは、そちらをおすすめします。

 

次に、複数のWi-Fi対応機器(パソコン以外にも、ゲーム機、タブレット等)を同時にインターネットへ接続することを希望するときは、ルータ機能の内蔵された無線親機を購入する必要があります。

通信工事で設置した通信機器にこの機能が内蔵されていることが確実であれば、ルータ機能の内蔵されていない「Wi-Fiアクセスポイント」と表示された無線親機でもかまいませんが、それがはっきりしないときは、念のため「ルータ(ルーター)」との記載が商品名に入っているものを購入して下さい。