最近YouTubeの勢いがスゴイですね!!

家庭用のビデオカメラで撮影した動画を、知り合いで見せ合うことを目的としてスタートしたサービスがあります。

それが、いつの間にか数億円を稼ぐことができるビジネスツールとなっている現実を知っていますか?このような奇跡を起こすことができたのは、やはり技術の進歩と人間の際限ない想像力が合わさった結果でしょうか?

そのような奇跡を起こした動画共有サービス「YouTube」について解説します。

YouTubeのサービスとは?

YouTubeとは、現在はGoogleの子会社となっているYouTube社が2005年から提供している動画共有サービスです。

皆で持っているビデオ映像を共有することから思いついたサービスです。しかし、現在では世界的な規模のサービスとなり、扱っている動画も増えました。

すでに商業利用されるようになってから長期間経過したこともあり、高額の利益を上げることができる基盤となっています。

以前から、著作権を侵害したことが裁判沙汰になってきました。しかし、現在では著作権者の選択によって、動画をブロックするような対抗手段以外に、広告を表示してその収入を受け取ることも可能となっています。また投稿しているコンテンツのなかから、著作権を侵害しているものを検索できる高性能な検索システムを導入しています。

YouTubeの現状

YouTubeを有効利用して、自社のコンテンツを宣伝することの有益性に気がついている企業が多くを占めている現状では、その効果を積極的に利用する傾向が強いようです。

また個人で動画を作成している「YouTuber」と呼ばれている人のなかには、数億円の利益を上げている例もあるようです。

これらのコンテンツは低額で作成されたものがほとんどですが、アイディア次第では多数のアクセスを獲得することで、高額の広告収入を得ることが可能です。実際に収入を得るためには「YouTube パートナー プログラム」に参加する必要があります。

このプログラムに参加するには一定の条件を満たす必要はありますが、かなり緩い内容となっています。パートナーになれば、YouTubeが提供している撮影スタジオを無料で利用できる特典を受けることができます。日本では「YouTube Space Tokyo」と呼ばれている施設が東京都港区に用意されています。運営しているチャンネルの登録者数が100人以上であれば、基本的に誰でも利用できるとのことです。

YouTubeのこれからはどうなる?

人気のあるサービスはあっという間に巨大化するのが通常です。YouTubeもさらに巨大化することが予想されます。「YouTuber」という新しい職業までつくることによって、これからの映像ビジネスの在り方を根底から変えることになりそうです。

すでにYouTuberのなかには、大手企業との契約によって巨額の契約金を受け取った事例もありました。デジタル技術の進歩がこのまますすめば、低額のコストで歴史に残るような映像作品を作成する人が現れても、おかしくないかも知れません。必要なのは想像力だけという世界がやって来るのは確実でしょう。