Googlebot(グーグルボット)とWeb検索の関係

インターネットで検索したいことができたら、多くの人がGoogle公式サイトを開くでしょう。そして検索したい事柄を検索します。

この動作は現在では「ググる」とも表現されています。特定の企業の名前が動詞の中に挿入されるくらい、Googleの検索エンジンが一般的に利用されているようです。

当然ですが、検索によって表示される内容の影響力も大きなものとなります。それでは実際にはどのような方法で検索結果を表示しているでしょうか?

Googlebotはなにをするの?

Googlebotは、検索エンジンを使用して表示される検索結果を、どのような順位で表示するかを決定するデータを収集しているのが「Googlebot」と呼ばれている巡回プログラムです。

実際にどうような基準で情報を収集しているかは企業秘密とされていますが、おおよその基準は予想することが可能です。

その基準に従うことで検索結果のランキング上位に入るWebサイトをつくることができる訳です。特にWebサイトをビジネスのツールとしている企業にとっては、無視できない部分です。

Google社の公式サイトによると、Web上に存在している数十億に上るページを定期的に取得(クロールと呼びます。)しているそうです。

さらに、そのページに貼られているリンク先に付いても同様にクロール対象のリストに追加します。再度アクセスするたびに、このような情報に変更が起こっていないかを確認します。例えば無効なリンクがないか、新しいリンク先が追加されていないかというような点をチェックして、自社のインデックスを更新します。

Googlebotとの上手な付き合い方

自分の公開しているWebサイトがちゃんとクロールされているかを確認するには、そのURLの頭に「site:」を追加して検索すれば判明します。普通に検索結果が表示される場合には、すでにGooglebotによってクロールされて、インデックスに登録されています。自分の運営しているWebサイトをGoogle検索の対象から外す方法も提供されています。これは「noindex」というタグを、ページの HTML コードに挿入することで可能となります。

通常は、このような巡回プログラムのことを考慮してインターネットを利用する必要はありません。しかし自分でWebサイトを公開している人にとっては気になる存在でしょう。面白い内容の記事をブログに投稿しているのに、思ったほどアクセスが増えないことを不満に感じることはあるでしょう。ちゃんと自分のサイトがクロールされているのかを確認するぐらいの対応は必要かも知れません。

Googlebotの進化は何をもたらすのか?

Google検索の対象に入っているのに、アクセスが増えないときはどうすれば良いでしょうか?そのときは、検索結果の上位に表示されているサイトのタイトルや内容を確認することをお勧めします。優れた内容であるだけではなく、沢山の人が興味を持っている話題を対象にしているかどうかも気にする必要があるようです。検索エンジンの傾向によって、Web上にアップされる記事の内容がさらに魅力的になれば、Webサイトを閲覧する人が今後も増加する効果が期待できます。