CypherGuard 社外秘 PDFで社外秘の文章保護

使用している端末のOSに関係なく中身を表示できるところが、PDF方式の書類が重宝される理由です。

一般的に公開したい書類であれば、これ以上適したファイル型式は存在しないと思います。しかし、例えば社内のみで使用すべき極秘情報をPDF化してしまうと、その利便性が逆に問題を起こす可能性があります。

すべての分野で気軽に利用できるPDF書類を、必要に応じて一部の人にだけ公開することができるサービスについて解説します。

CypherGuard 社外秘 PDFによるセキュリティ対策とは?

サイファー・テック社の提供しているPDFファイル用のセキュリティ対策サービスが「CypherGuard 社外秘 PDF」です。

特に社外秘のPDF書類を作成した場合に、このサービスを利用すればかなり厳重な方法で文書を保護することが可能です。

例えば、その企業で利用しているネットワークで使用されているIPアドレスを、認証情報として設定する方法です。

このように設定したPDFファイルは、専用のアプリをインストールした端末を同じネットワークに接続しない限り書類を開くことができません。ただし、一度認証された端末はネットワークに接続していなくても次回以降は書類を閲覧できます。

他にもDRM技術を利用して、ファイルを閲覧できる期間や閲覧できる端末の台数を制限することができます。さらに画面に表示されているPDFファイルの内容を、その端末に搭載されているアプリによって画面ごとキャプチャー保存することを防ぐ機能も提供されています。

PDFは便利でも、制限できないファイル型式

基本的に誰にでも中身を開示することがPDF書類の目的です。しかし、社内以外での閲覧を禁止する必要があるときには、その特徴がセキュリティ対策の障害になることがあります。このサービスを利用すればPDF方式の良い部分を残しながらも、必要なセキュリティレベルを満たすことが可能となります。

ファイルを閲覧できる期間を制限できる機能を利用すれば、PDF方式のコンテンツを「期間売り」することが可能です。また、ひんぱんにバージョンアップしている資料であれば、間違って古いものを参考にすることがないように、閲覧できる期限を制限することができます。このような特徴を生かすことができれば、大規模なプロジェクトであってもひんぱんにPDF書類を配布して意思疎通をはかることが可能となります。

うまく利用すればPDFの利用価値がアップ

企業向けのサービスであり、それなりの金額設定で提供していますが、一定以上の規模がある企業であれば利用価値はあると思われます。これまでセキュリティ対策の分野では、あまり良い評価を受けていなかったPDF方式のファイルです。それを非常に安全なファイルに変換できるこのようなサービスの存在は、非常に重宝されると思われます。

どうせ利用するなら、社内だけではなく外部に公開するPDFに細かい制限をかけて、期間限定のお得なコンテンツを提供するような企画はどうでしょうか?顧客向けのサービスとして検討してみる余地はありそうです。初期導入費用として20万円、基本利用料金が年額60万円(利用人数50人まで)というサービスであれば有効利用する必要がありそうです。