ChefJet 食事を作れる3Dフードプリンター実現間近か?

SFドラマでは当たり前すぎて、最近ではあまり出てこなくなった場面が自動調理装置を使用した食事の風景です。

しかし、これもSFではなく現実の話になりそうな状況です。このような進歩によって、全ての人が良い生活を実現できるようになることが理想です。

しかし、どのようなニュースにも、それを聞いて不安になる人が存在するのが現実です。それでも気になる「3Dフードプリンター」の現状について解説します。

3Dフードプリンターは実現可能?

米国の3D Systems社によって開発された「ChefJet」という製品によって、とうとう料理を3Dプリンターで作れる時代がやってきました。

砂糖と水などを材料として、好きな形の砂糖菓子をつくれる製品が50万円前後で提供される予定です。

このタイプではつくれる砂糖菓子は白色か黒色に限定されますが、好きな色をつけることができる「ChefJet Pro」になると、100万を超える金額で提供される予定とのことです。

たしかに気軽に購入できる製品ではありません。それでも想像するだけで楽しくなるニュースではないでしょうか?この製品以外にも「FOODINI」と呼ばれている製品が開発中とのニュースもあります。こちらは自由に食材をセットすることによって、ピザやハンバーガーなどができあがります。例えば野菜を素材にして好きな形の料理を完成されることができるようです。野菜が嫌いな子供のために、野菜を素材にしたハンバーガーをつくることができます。

3Dフードプリンターで何が変わる?

現在の段階では、有名料理店のオーナーが心配するようなレベルの製品ではないようです。それは、米国のNASAがこの種の製品を開発している企業に資金援助をしていることからも推測できます。宇宙空間などの調理設備がない場所でも、家庭で食べるような料理をつくることができれば、長期滞在者のストレス解消に役立つことは明白です。

しかし、この方面での技術革新が進むことによって、非常に美味な料理を簡単に、しかも低コストで作れる時代がやって来ることは確実です。そうなると、わざわざ店舗まで行って料理を注文する動機がなくなるようにも思えます。現在存在している安価な料理を多数の来店者に提供する形態の店舗には、かなり厳しい状況となりそうです。それには調理ができる3Dプリンターの価格が低下する必要があると思いますが、それほど遠くない時期になると思います。

3Dフードプリンターに対応できるのか?

技術の革新によって新たな競争がスタートする状況は、これまでの人間の歴史において何度も繰り返されたことです。今後は飲食業界でも、その戦いが激化するかも知れません。それは店舗同士が顧客を取り合うものではなく、独自のサービスを提供して店舗のイメージを向上させることによって、自宅にこもっている人をいかに外へ誘うかという戦いです。

料理の味だけでは、3Dフードプリンターに勝つことができない以上、それ以外の方法で独自性を出すことが必要な時代がくればどうなるでしょうか?魅力的な雰囲気とサービスの店舗が増えるというメリットがあるかも知れません。そのような未来がくるとしたら、3Dフードプリンターの低価格化は良い結果を生む出来事になりそうです。