USBをネットワークへ変換 USBデバイスサーバDS-510

非常に便利な規格であるUSBにも泣き所があります。例えばUSBケーブルの長さには一定の制限があります。

一般的には5メートルを超えると通信に問題が発生する可能性が高くなります。また、他のパソコンで利用するためには、USBケーブルの接続先を変更する必要があります。

有線LANに対応した機器との違いは、パソコンなど端末の数が複数になるとよく分かります。しかし、それ以外では便利なUSBをネットワークに対応させる製品があれば、その問題も解消します。それがUSBデバイスサーバ「DS-510」です。どのような方法でUSB対応機器を共用できるのかを解説します。

DS-510があれば、USB機器を共有可能

標準価格9400円(税抜)で提供されている「DS-510」ですが、2つあるUSBポートへ接続したUSB機器をネットワーク対応機器へ変身させる機能を持っています。

これまでは1台のパソコンに接続して働くことが当たり前であったUSBプリンターが、この製品を経由すれば、そのままの配線で他の端末からでも利用できるようになります。

USBポートとは別に有線LANポートが付いていますから、それを宅内のネットワーク機器に接続するだけで配線は完了です。

あとは、それぞれのパソコンに専用のアプリをインストールするだけです。他のパソコンが同じUSB機器を利用することを希望したときは、現在接続されている端末の画面に仮想的な接続状態の切断を求める表示がでます。それに同意するだけで、簡単に切り替えが可能です。USBプリンターについては、接続、印刷、切断を自動的に行うことができる機能が、最初から専用アプリのなかに用意されています。

DS-510にしかできない芸当とは?

このようなサービスを提供するために、この製品を提供しているサイレックス・テクノロジー社が開発した技術が「USB仮想化技術」です。この製品さえあれば、USBケーブルの泣き所である5メートル制限も関係ありません。また高速のデータ転送を可能とするUSB規格(USB 2.0 Hi-Speed)にも対応しているため、大量のデータ転送を必要とするWebカメラやUSB対応のスピーカーを接続することができます。

もちろんwi-fi環境に接続することも可能です。最初からwi-fiに対応したタイプのUSBデバイスサーバも提供されています。ネットワーク設定についても非常に簡易な方法で済ませることができます。例えば接続するネットワークにDHCP機能を持っているルータがあれば、この製品を接続するだけですぐに設定が終わります。もしも、ネットワークに接続されている端末のIPアドレスを、手入力で行う必要があるときも大丈夫です。無料で提供されている「Device Server Setup」を公式サイトからインストールすれば、簡単に接続設定ができます。

DS-510はUSBとEthernet(イーサネット)の垣根をなくす存在

一部のルータ製品には、接続したUSB製品を他のパソコンやスマートフォンなどから利用できる機能が搭載されているようです。しかしUSBデバイスサーバ専用に開発されたこの製品には、機能の面で敵わないところがあるでしょう。

しかも、他のメーカーが自社のアプリケーションとこの製品で採用されている「USB仮想化技術」を連携させるために必要なSDKが、無償で提供されています。

つまり他のUSB製品を提供している企業は、自社の製品をすぐにこの製品に対応させることがでる環境が用意されています。このような対応が早急にできれば、自社のUSB製品を顧客に勧めるさいにも、USBデバイスサーバと連携できる点を挙げて強気な商談を行うことが可能となります。