車載ナビからスマホ・ナビへ移行。カーメーカー・ホンダの選択

「ナビと言えば車載ナビ」という時代から、「ナビと言えばスマホ」という時代に変わるでしょうか?

それほど現在のスマートフォンに搭載されているナビシステムは進歩を遂げてきました。今後もその流れは止まらないと予想されますから、最終的に現在利用されている車載型のナビは存在自体が危ぶまれるようになるかも知れません。

これはスマートフォンの性能が向上することによって実現できたことですが、それ以上に優れたナビサービスのシステムが開発されていなければ実現しなかった話です。

実際にどの程度のレベルに達しているかを、HONDAの作成した「インターナビ」というシステムを例に解説します。

カーメーカーのつくったナビとは?

今回ご紹介するものは、国内のカーメーカーであるHONDA社が提供している自社ユーザー向けのサービスである「インターナビ」の機能を、パソコンやスマートフォンからでも利用できるようにしたシステムです。

このシステム自体はナビを含んだ複数のサービスによって、自社ユーザーの快適な運転環境を実現することを目的としたものです。

年額3000円で有料会員になると利用できる機能が、音声と画面表示によって目的地までのルートを誘導してくれるナビゲーションサービスです。

しかし無料会員であっても目的地までの経路の検索は可能です。また電話番号などの検索ワードから目的地を検索する機能も利用できます。

違いがあるとすれば、有料会員では専用の地図を使用しますが、無料会員の場合はそのスマートフォンに搭載されている地図アプリを利用する点が異なる程度です。

ホンダのスマホ・ナビは、車載ナビに勝てるか?

単に普通の車載ナビの機能をそのまま自社のシステムで提供していれば、独自性のある対応とは言えません。

このHONDAのシステムでは、かなり進化したデータベースによって交通情報を提供しています。例えば、これまでのカーナビでは、車が走行している地域の現在の渋滞や交通規制などの道路交通情報(VICS情報)をFM電波などで伝達します。

それに対してHONDAの「インターナビ」では、VICS情報に追加して、実際にこのシステムを搭載している車が走りながらセンサーとなって集めた交通情報を、自社にある情報センターのコンピューターに蓄積します。このような情報を解析した結果から、目的地までの広範囲の交通情報をインターナビに対応した端末へ伝達します。そのため一般的なナビでは対象にしていないような細かい道路の情報を参照できます。

ホンダのスマホ・ナビの可能性は?

すでにスマートフォンに搭載されている地図アプリのルート検索機能を車で利用している人は、かなりの割合になるでしょう。

しかし完全に車載ナビの代わりになるレベルかと言うと、そこまではいっていないという評価が正直なところではないでしょうか?このサービスがHONDAユーザーにだけ提供されている点は残念な部分ですが、カーメーカーが積極的に関与していること自体は歓迎すべき状況です。

提供しているサービスの内容に多少の違いはありますが、バイク向けの「Honda Moto LINC」であれば乗っているバイクのメーカーに関係なく利用できます。

進行方向で雨が振りそうな場合は警告してくれる「カッパアラーム」などの機能が無料で利用できます。この様子ではカーメーカー製のスマートフォン向けナビシステムが普通に利用される状況が、当たり前になりそうです。