ストレージの接続方法 DAS・SAN・NASとは?

コンピューターによって作成したファイルを保存する先としてサーバーが設置されている場合、実際にデータが保存される先となるストレージ(記憶装置)には、複数の形態があることを知っていますか?

その形態によってメリット、デメリットがあることによって現在でも複数の形態が共存している訳です。それでは、どのような違いがあるのでしょうか?

最も古くからある形態はDASと呼ばれているもので、サーバー自体に内蔵(または外付け)されているストレージであるHDD(ハードディスクドライブ)などへデータを保存するものです。

最も設備コストがかからない形態であり専門的な知識も不要です。しかし企業などで多数のパソコンから同じデータにアクセスすることが求められる環境になると、それに適した形態が登場しました。

DAS、SAN、NASとは?

DAS、SAN、NASとは、サーバーと直接つながっているストレージに、作成したファイルなどのデータを保存するDAS(Direct Attached Storage)では、複数の通信端末から保存したデータへアクセスすると、どうしても通信がそのサーバーに集中してしまいます。

また複数のサーバーにデータが分散している場合、必要なデータが保存されているサーバーに問題が発生すると、その段階でそのデータにアクセスすることができなくなります。そこで登場したのがSAN(Storage Area Network)です。

そして同じようにネットワークを利用する方式でありながらSANよりも導入が容易な方式として登場したのがNAS(Network Attached Storage)です。

どちらもネットワークに独立して接続されているストレージで、ストレージ用に専用の高速ネットワークを用意する方式をSANと呼び、保存データにアクセスするコンピューターと全く同じネットワークに接続される方式を、NASと呼びます。

NASはファイルサービス専用のサーバーとも表現できる形態です。一般的なサーバーのファイル管理機能のみをネットワーク経由で提供するコンピューターです。当然ですが設備コストはSANの方がかかりますし、システム全体の構成も複雑になってしまいます。

SAN、NASのメリット

DASの場合、必要なデータにアクセスするには、必ずサーバーを経由してデータを保存しているストレージにアクセスする必要がありますので、どうしてもデータの読み出しには時間がかかります。

またデータを保存しているサーバーに問題が発生すると、データにアクセスすることはできなくなります。さらにストレージの保存領域が余っていても、他のサーバーがストレージとして利用することができません。

そのため各サーバーの持っているストレージの記憶領域の全てを有効利用することが困難です。その点ではSAN、NASの形態の方が、多数の端末がネットワーク経由でアクセスする状況に適していると言えます。ではコストのかかるSANのメリットはどこにあるのでしょうか?SANではサーバーのみが保存データにアクセスするコンピューターと同じネットワークに接続されています。

そしてサーバーとストレージの間に非常に高速な回線(最大で8Gigabit/秒)を利用した独自のネットワーク(ファイバーチャネル)を構築しています。そのため保存されているデータにアクセスする時間を短縮することができます。また複数のストレージを共有して1つの記憶領域として利用することができますので無駄のない運用が可能となります。

さらに複数のサーバーでストレージを共有することができますので、一部のサーバーに問題が発生してもネットワーク経由で保存したデータにアクセスすることが可能です。しかし大容量のデータを保存するような環境でなければ、コスト面からNASを採用する方が好ましい状況となります。

SAN、NASの今後

設備コストのかかるSANが最も理想的な形態と言えなくもないですが、一般的なネットワークの通信速度が向上することによって、現在ではNASを採用したストレージを利用する割合が増加しているようです。またSANを採用したネットワークには専門の知識を持っている担当者が必要となる点も、この流れを後押ししているとも言われています。

最近ではSANであっても、一般的なネットワークで利用されている通信規格(TCP/IP)を利用してストレージを接続する「iSCSI(アイ・スカジー)」と呼ばれる新技術が登場しています。

このような状況から予想すると、少なくとも小規模のネットワーク環境では、NASが今後の主要なストレージ装置としての地位を確立すると思われます。しかしSANを採用したストレージの運用が、今後の技術の開発によって簡易化することがあれば小規模のオフィスなどでも利用されるようになるかもしれません。

専用のネットワークによってストレージ間のデータ転送が行われる形態が、ネットワークへの負担軽減の面からすれば、理想的な形態であることには間違いありません。あとは設備コストをどうやれば軽減できるか、という問題だけが残ります。