HEMS(ヘムス)で効率的なエネルギー管理

省エネが大事であることは知っていても、実際にどの程度の電力を消費しているのかを把握していなければ、対策を考えることは難しいかもしれません。

例えば家庭内で利用している各種の電化製品を使用する際に、その消費電力がすぐに確認できるようなシステムがあれば、どの部分に無駄があるのかを知ることができそうです。

このように家庭内で消費されているエネルギーを集中して管理するシステムのことを「HEMS(ヘムス)」と呼んでいます。

HEMSとは?

HEMSとは、「Home Energy Management System」を省略した名称であり、各種の家電製品が消費する電力の消費量をリアルタイムで確認するだけではなく、その操作を遠隔で行う機能も搭載しているシステムです。

他の分野では工場を対象とした「FEMS(フェムス)」や商用ビルを対象とした「BEMS(ベムス)」および一定地域の全ての電力消費を対象とする「CEMS(セムス)」などのシステムも存在しています。

このようなシステムが有効に利用されることによって、莫大な電力の無駄使いを防ぐことが可能となります。

管理する対象は異なりますが、いずれも電力の需要と供給の状況を確認して、必要であれば無駄に電力を使っている機器をコントロールすることを目的としています。

例えば設備のなかに太陽電池が含まれているような場合であれば、それが発電する電力を含めて全体の電力管理を行います。

また電気自動車を利用している場合は、その内蔵バッテリーの残量の管理および充電のタイミングの制御も管理の対象となります。一例としては電気代の安い時間帯に充電するなどの対応や、太陽電池で発電して蓄えた電力を優先して充電に利用するような対応が想定されます。

一定期間、HEMSを利用した結果から現在の電力消費の傾向を知ることによって、どのようにすれば無駄な電力消費を減らすことができるかを、分析することが可能となります。通常は現在の電力消費の傾向を自動で分析する機能がシステムに内蔵されています。

HEMSの実際

例えばパナソニック社の提供している「スマートHEMS」サービスでは、クラウドを経由して自宅の照明やエアコンなどをコントロールすることが可能です。

またインターフォン、防犯機器、玄関の電気鍵をコントロールするパネルのなかにHEMSのモニター機能が同居しているため、専用のパネルを設置する必要がありません。さらに分電盤自体をHEMSに対応したものにすれば、別個に電流センサーを設置する工事を行う必要もありません。コントローラーとしてテレビ(ビエラシリーズ限定)パソコン、スマートフォンまたはタブレットなどを利用することが可能です。

他のメーカーでも同様なサービスを提供していますので、特にこれから新築する予定のある人は導入を検討する必要がありそうです。

問題はどの程度の省エネ効果があるかですが、一般的には10?20パーセント程度の削減効果が期待できるようです。現在のシステムでは部屋ごとの電力消費量をリアルタイムで確認できますので、家族の誰が最も家計に負担をかけているのすら判明してしまいます。また太陽電池による発電によって、どの程度の省エネが実現しているのかも簡単に確認することが可能です。

HEMSの将来

将来的には家庭で使用している家電製品のほとんどがネットワークに対応することによって、HEMSのシステムと同期することが予想されます。

その結果として手元に持っているスマートフォンなどから現在稼働している製品の管理や操作が可能となります。将来的には家電製品に内蔵されているセンサーからの情報を独自のネットワーク経由で取得できるようになれば、例えば部屋の温度に合わせて自動的にエアコンの温度調整を行ったり、各部屋の照度に合わせて照明のオンオフや明るさの調整を行ったり、というようなことも可能となります。

このような環境になれば、省エネの効果をさらに向上させることが可能となりますので、センサーネットワークに対応した家電製品の早急な開発が期待されます。発電所を建設するよりも省エネ化に予算を注入した方が、結局は有効利用できる電力を増やした上に、環境にも良い影響を与える効果を生むことになりそうな状況です。

いっそのこと、このようなシステムの導入を義務化するような政策はどうでしょうか?もちろん一定額の公的な援助は必要ですし、システムの導入費用を完全に無料化することは困難です。それでも将来の電気料金を削減できて、発電した電力を有効利用できるシステムの導入は、ユーザーにとっても悪い話ではありません。