SEO(Search Engine Optimization)が重要な理由

運営しているWebサイトに人気があるかどうかは、現在の企業にとって非常に重要な問題です。

一般のユーザーが検索エンジンを利用した場合に、どうすれば、その検索結果の上位に表示されるのかを分析する必要があります。そのため、どうすれば多数の人が訪問するようになるのかを、専門的にアドバイスする業者さえ存在しています。

その分析の結果に基づいて、運営しているサイトの内容を変更することによって、初めて多数の訪問者を獲得することが可能となります。

このように、サイトの訪問者を増やすことが出来る多様な技術を「SEO」と呼んでいます。全ては検索エンジンの特質を理解することから、スタートします。

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」を省略した用語であり、商用のWebサイトでは、これを無視してサイトを作成しても、多数の訪問者を獲得することはほぼ不可能です。

そのため各検索エンジンが検索を行う際に、どのようなWebサイトが検索結果の上位にくるのかを知っておく必要があります。米国であれば、シェアの高い「Google」の検索エンジンに対応して最適化する必要があります。

日本国内では、それ以外にも「Yahoo! JAPAN」の検索エンジンの人気がありますが、これもGoogleからライセンスを受けて同じ検索エンジンを利用していますので、実質的には同じ性質を持っています。

Googleの検索エンジンでは、インターネット上に公開されているWebページの内容を「クローラー」と呼ばれているソフトウエアによって、自動的に評価しています。

検索エンジンを利用した場合、評価の高いサイトが、検索結果の上位に並びます。つまり、このクローラーによって高く評価されるWebサイトを構築できれば、当然のようにサイトの訪問者が増加します。

それには、いくつかの要件を満たす必要がありますが、不公正な方法によって、この要件を満たす業者も存在しています。そのため検索エンジンを提供している側も、サイトを評価して検索結果の順位を決定する基準となる「アルゴリズム」をより細かく設定することによって、本当に魅力的なコンテンツを提供しているサイトが上位にくるような変更を行っています。

SEOの重要性

ある程度以上の規模となっている企業では、SEO業者を利用することによって、運営しているサイトの訪問者を獲得することを目指しています。

しかし、Google自体が公開している情報のなかで、どのような基準によって、検索結果の上位にくるサイトが決定されるのかを提示しています。また、公式サイトの「ヘルプフォーラム」において、一般的な質問に対する回答、という形式で大まかな基準を確認することが可能です。

一般的には、魅力的な内容でオリジナル性の高いWebページを作成する必要がありますが、いくら魅力的でも類似した内容のサイトを多数つくると、逆効果になります。

それは、他サイトの内容をそのままコピーした、というように判断される可能性があるからです。その他にも、他のサイトからリンクが多数張られている、と判断されることを期待して、中身のないサイトを別に作成して、そこからのリンクを多数表示するような手法も、現在のシステムでは、偽装工作であると判断されます。

結局、必ずしも業者に依頼しなくても、無料で提供されている各種のツールと、ネット上に存在している体験談を参考にすれば、極端に専門的な知識が必要とは思えません。

SEOとの付き合い

検索エンジン自体の進歩によって、裏ワザ的な手法で、運営しているサイトを実際よりも人気のあるものへ見せかけることが困難になっています。もちろん、ネット検索をする側にとっては、歓迎すべき状況です。しかし、コンテンツを作成する側にとっては、正攻法によってサイトのアクセスを増やす必要があるため、厳しい環境になっていくことが予想されます。

基本的に無料で参加できるところが、インターネット世界の長所ですが、商売の手段として非常に効果的な部分を持っているシステムでもあります。しかし、商売であるからと、不正な方法によってインターネットの世界を無法地帯にすることは許されません。空気や水と同じくらい重要な存在である仮想空間は、これからもさらに浄化されることが求められます。