HTML5ハイブリッドアプリ開発のメリットとは?

新しくWebサービスを開発するのであれば、まずはスマートフォンなどのモバイル端末向けのアプリを開発しよう、というような動き(モバイル・ファースト)さえあるようです。

それほど、現在の通信環境におけるモバイル端末の存在は、重要なものになったようです。確かに、企業の業務用システムであっても、モバイル端末で利用できるようにすることは、すでに常識となっています。

手元にスマートフォンがあれば、わざわざパソコンを起動する必要もありませんし、インターネットへ接続できる環境さえあれば場所を選ばないで利用できる方が、業務進行の面からも効率的です。

では、そのモバイル環境で利用できるアプリは、どのような技術を利用して開発されているのでしょうか?

そこには、現在のモバイル用アプリを開発する手法を、大幅に転換させる可能性のある流れが起こっています。

それが、一般的なWeb用の開発言語である「HTML5」と「JavaScript」を使って開発された「ハイブリッドアプリ」の存在です。

HTML5ハイブリッドアプリ開発とは?

HTML5ハイブリッドアプリ開発とは、主にWeb開発用の言語を利用して、モバイル端末で利用するアプリを開発することです。

モバイル端末のOSに依存しないWeb技術を利用すれば、1つのプログラムで、Androidと、iOSに対応したアプリが出来上がります。

また、どうしてもモバイル端末用のアプリケーションを必要とする機能があれば、その部分だけを、これまでと同じ手法で開発して、開発手法の異なる2つの機能を1つのアプリとして、一体化することが可能です。

すでに、多くのユーザーが利用している料理レシピ・アプリである「クックパッド」は、ハイブリッドアプリとして開発されたものです。

例えば、このアプリでは、メニューとレシピが記載されている本体部分は、別々のWeb画面によって表示したコンテンツを一体化しています。

また、現在のWeb開発の技術では、実現できない機能である音声検索などは、アプリケーションとして開発されたものをアプリで利用しています。しかし、複数の開発方法を併用することにより、問題が発生することは基本的にありません。

HTML5ハイブリッドアプリ開発のメリットとは?

開発するアプリの全てを、これまでと同じようにアプリケーションとして開発した場合に比べると、例えば、新機能の追加が反映されるまでの時間が大幅に削減できます。

モバイル端末にインストールする方式のアプリを、開発者がアップデートした場合、それを反映させるまでには、いくつかの手順を経る必要があります。

そして、最終的に、アプリのユーザーがアップデートを行うことによって、やっと反映されます。また、iPhone用のアプリであれば、配布前にApple社の審査を受ける必要もあります。

その点、ハイブリッドアプリであれば、サービスを提供しているWebサーバーの保存データを更新するだけで、すぐに反映できます。

つまり、提供しているサービス自体をアップデートすれば、そのアプリのユーザーは、すぐに新機能を試すことが可能です。

この形式のアプリにとって、唯一の問題点が、同じ機能を搭載するモバイル端末用のアプリに比べると、動作が重くなる、という点が指摘されています。

これは、Webサービスの画面をアプリ内で利用する際に、全てのモバイル端末で、必要となる「WebView(または、UIWebView)」と呼ばれているプログラムに起因する問題です。

そのため、画面の表示が激しく動くゲーム・アプリなどは、独自にアプリケーションを開発する手法が、適しているようです。

HTML5ハイブリッドアプリ開発のこれからは?

これから、多数のAPIが、開発者用に提供されることによって、これまでは独自にアプリケーションから開発する必要のあった機能でも、Web上のサービスとして、開発中のアプリに容易に組み込むことができるようになります。

表示速度に関しても、今後スマートフォンの基本ソフト(OS)が進化して改善されることがあれば、ハイブリッド形式のアプリを開発する流れが、一気に加速することは確実です。

ハイブリッドアプリの開発に付いても、無料で利用できる環境が、クラウドのサービスとして提供されています(例えば、「Monaco」)。

手持ちのスマートフォンで、自分が作成したアプリの動作テストを行うことも、可能となっていますので、誰でも手軽にアプリを開発できます。