Toyota Safety Senseは新しい衝突回避支援

これだけ技術が進歩しても、いまだに自動車によって発生する事故が、それほど減少していないことに、疑問を感じている人はかなりの数になる、と思われます。

一部の車種には、衝突を防止する機能が搭載されているようですが、全ての自動車に、このような機能を搭載しなければ、事故の数が減らないことは当然です。

コストの面で、一定の制限があることによって、これまで積極的には進めてこなかった安全面での改革ですが、それでは困ります。

特に、全運転者に占める高齢者の割合が増えることが確実な状況では、多少の費用がかかっても、万全な安全対策を行っている自動車が求められています。

ユーザーにしてみると、エンジンの性能を向上する以上に重要、と思われる部分ですが、そろそろメーカーもやる気になったようです。

例えば、トヨタ自動車では、2017年までに、世界中で販売している自社製品のほぼ全てに、新しく開発された「Toyota Safety Sense」と呼ばれる予防安全パッケージの機能を、搭載することを発表しました。

これは、複数の予防安全技術を組み合わせたものであり、車種のタイプに合わせて2種類用意されています。

Toyota Safety Senseとは?

Toyota Safety Senseとは、2種類用意されている予防安全技術の組み合わせであり、コンパクトカー向けの「Toyota Safety Sense C」と、ミディアムおよび高級車向けの「Toyota Safety Sense P」が用意されています。

どちらのパッケージも、2つのセンサーによって前方の障害物を検知することで、危険を予知して、運転者にブザーとディスプレイで知らせます。

また、衝突を回避するために、必要であれば、自動車を減速する機能も含まれています。

2つのパッケージの違いとしては、採用しているセンサーの特性によって、コンパクトカー向けの「C」では、自動ブレーキの作動範囲が「時速10~80km/h」であるのに対して、もう一つの「P」では「時速10km/h~最高速度」までを作動範囲としています。

また、減速できる速度に付いても「C」では「30km/h」であるのに対して「P」では「40km/h」というような違いがあります。

さらに「P」では採用されている機能である「歩行者検知機能」および「レーダークルーズコントロール機能」が「C」には含まれていません。

それでも、メーカーの試算では「C」で採用されている機能だけでも、追突事故の80パーセントを防ぐことができる、とのことです。

Toyota Safety Senseの更なる機能

1820_1

「P」のみで採用されている「歩行者検知機能」は、歩行者を検知して自動ブレーキをかけることが可能です。

また「レーダークルーズコントロール機能」は、走行中に、前を走っている車の速度に合わせて、車間距離を維持しながら速度を調整できる機能です。

この2つの機能が「C」で採用されていない理由に付いては、単に、コスト面によるものだけではなく、採用しているセンサーの特性によるものと、思われます。

上記に記載した機能以外にも、走行中に、道路の白線、黄線をカメラで検知することによって、蛇行運転を行うと、アラームがなる機能(レーンディパーチャーアラート)があります。

および、対向車のライトを検知して、自動的に、ハイビームとロービームを切り替える機能(オートマチックハイビーム)が、全てのパッケージに含まれています。

さらに、運転手が、衝突を回避するためにブレーキを踏んだ場合には、通常よりも強力なブレーキが作動するように、設計されています。

Toyota Safety Senseの存在

歩行者を検知できる機能が、片方のパッケージにしか含まれていない、という部分は、今後、車種を選択する際には、その基準となるかもしれません。

しかし、コンパクトカーに搭載される機能だけでも、これまでのように、全く衝突を防止するセンサーが搭載されていない状態にくらべれば、飛躍的な進歩であることは間違いありません。

また、他のメーカー製の自動車では、一定の速度以下でなければ、衝突防止システムが作動しないタイプも存在していますが、今回紹介したシステムは、そのようなタイプよりも守備範囲を広げたものとなります。

誤作動による危険性を考えると、低速でのみ作動するシステムも、あり得ますが、トータルで考えた場合には、できるだけ広い範囲で、このシステムが作動することが望ましいのではないでしょうか?