セルフスマホ修理のリスク 部品を無くす可能性と復元不可能になる恐怖

iPhoneやAndroidなどスマートフォンの機種によっては、手軽に部品などを通販サイトで購入することができるため、多少の故障であれば「自分でセルフ修理を行ってみよう」と考え、実行する方が近年増えているといいます。

しかしスマートフォンの端末に対しての知識がない、普通の方がプラモデルを作るかのような感覚で修理を行ってしまうことは、返って端末を故障させてしまうリスクを上げてしまうといわれています。

セルフスマホ修理のリスク

セルフでスマートフォンを修理することのリスクの代表は故障以外にも”部品を無くしてしまう可能性”や”復元が不可能な状態になる”ということもあります。

スマホのセルフ修理でよくあるトラブルの代表である”部品を無くしてしまう”ことは、非常に小さな内部の精密機械を知識がない方がセルフで修理することで、修理中に小さい部品を無くしていたのにも関わらず確認することができず、見落としからセルフ修理を失敗させてしまい、返ってスマホを故障させてしまうことがあります。

部品の小ささはミリ単位です。

気を緩めてしまうことで本当にあっという間に無くしてしまうものです。

内蔵部分の修理以外にモニター部分の修理などを行っていた場合でも、気がつかない間に付属品を無くしてしまっている可能性もあります。

集中をしていた場合でもスマホの元々の構造や部品知識などがなければ、小さな部品は無くしてしまうということを把握したうえで、セルフ修理は行わなければいけないということを必ず覚えておきましょう。

復元不可能な状態になる恐怖

また部品を無くしてしまうということの次に多いのが”復元が不可能な状態になる”ということです。

スマートフォンは、一度液晶モニターを開けて内部を覗いてみると、見た目以上に細かい配線や小さな部品などで構成されており、パーツのひとつひとつを手に取ることすらも「大変だ」と感じてしまうことでしょう。

ケーブルの状態やパーツについているクッションなどいろいろな部品が知識のない方には「どれも似ている」と思われがちであることから、セルフ修理を行っている途中に混乱してしまいがちです。

一切ネットなどの情報をたよりに取り扱い説明書のような公式情報なしでセルフ修理をしてしまった場合、混乱をさらに酷いものに発展させ、修復をさせることが一切できなくなる可能性も考えられます。

プラモデルやフィギュア、簡単な電子器具とはスマートフォンは違い、完成度の高い精密機器であり、”素人には簡単に修理できるものではない”ということを必ず忘れないでおきましょう。

外部からの刺激が弱い部品の破損

これら以外にもスマートフォンのセルフ修理を自分で行うことにより重要箇所に傷をつけてしまう可能性や解体時に刺激を与え、外部からの刺激が弱い部品などが壊れてしまうことなどもあります。

ひとつの失敗が一生復元不可能なものとなる可能性もあります。傷をつけないように気をつけることなどを意識していた場合でも上記にあるトラブルはもちろん、それ以外のトラブルも招いてしまうことがあります。

返ってより難易度の高い、スマートフォンの故障を招いてしまうことや今後一切故障したスマートフォンを復元することができない状態を起こしてしまう可能性があります。

また殆どないといわれていますが法律に触れてしまう改造を無意識に行ってしまっている可能性もあり、逮捕や罰金などに繋がる可能性も考えられます。

より酷い故障や法律に触れてしまうリスクを避けるためにも必ず自分での修理は避けるようにしましょう。

安価な修理代金であることや時間はかかっても外に出る手間のない、セルフスマホ修理ですが、無知の状態でのスマホ修理には非常に様々なリスクがあることを覚えておきましょう。